九電工過労自殺で和解 遺族へ解決金8000万円 福岡高裁

2010/8/10付
共有
保存
印刷
その他

 電気設備大手、九電工の元社員の男性(当時30)が自殺したのは長時間労働の過労によるうつ病が原因として、男性の妻(34)ら遺族3人が同社に損害賠償などを求めた訴訟は9日、福岡高裁(古賀寛裁判長)で和解が成立した。同社は労働管理が自殺の原因と認め、約8千万円の解決金を支払う。

 和解条項には、九電工が再発防止に取り組むことも盛り込まれた。解決金は、一審・福岡地裁判決で同社が支払いを命じられた約6900万円の賠償額に、遅延損害金が上乗せされた。

 一審判決によると、男性は1998年から九電工の福岡支店に空調工事の現場監督として勤務。2004年9月にうつ病により自殺した。

 男性の妻は、「私たちのような家族が増えないよう、会社には最大限努力してほしい」と話し、九電工は「ご遺族のために裁判を早期に解決すべきと判断した」とコメントした。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

九電工過労自殺うつ病解決金自殺

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:02
7:01
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:01
7:00
北陸 7:01
7:00
関西 6:02
6:01
中国 6:02
6:00
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
6:00
22日 21:38

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報