クローズアップ

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

きつねそば・たぬきうどん、なぜ大阪にはない?

(1/2ページ)
2013/3/2 6:30
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
印刷
リプリント
共有

 大きな油揚げがのったそばを食べるには、大阪では「たぬき」、関東では「きつね」と注文しないと通じない。この違いは割に知られているが、なぜそうなったかは謎。同じ関西でも大阪と京都の「たぬき」はまた違うらしい。きつねとたぬきはどこで化けたのか。

大阪のたぬき(手前)、きつね(右奥)、ハイカラ(左奥)=大阪市中央区の「うさみ亭マツバヤ」
画像の拡大

大阪のたぬき(手前)、きつね(右奥)、ハイカラ(左奥)=大阪市中央区の「うさみ亭マツバヤ」

 一般に関東では油揚げがのったそば・うどんを「きつね」、天かすのせを「たぬき」と呼ぶ。一方、大阪で「きつね」といえば油揚げのうどんだけを指し、「たぬき」は油揚げののったそばになる。きつねそば、たぬきうどんはあまり見かけない。

◇            ◇

 まず、きつねの足跡を追ってみた。実はきつねうどんの発祥は大阪にあるとされる。船場にある1893年(明治26年)創業のうさみ亭マツバヤだ。

 3代目店主の宇佐美芳宏さんによれば「最初は『こんこんうどん』と呼んでいたようですよ」。初代はすし屋で修業を積み、うどん屋で独立した。いなりずしをヒントに、かけうどんと皿にのせた油揚げを別々に出したのが始まりだったらしい。

画像の拡大

 そのうちお客さんが油揚げをうどんに直接のせて食べるようになり、商人の街・船場で大ヒット。いつの間にか「きつねうどん」と呼ばれ、全国に広がっていったとみられる。

 次はたぬき。辻調理師専門学校(大阪市)の日本料理専任教授、杉浦孝王さんに聞いてみた。

 「たぬきが生まれたのは江戸時代の終わり、関西より関東が先だったようだ」と杉浦さん。最初はイカのかき揚げをそばにのせていたようだが、「関東ではごま油で揚げるので衣が黒っぽくなる」。茶色がかった濃い色がたぬきを連想させ、名前の由来になったらしい。

 ところが関東発のたぬきそばは、なぜか関西で広まらなかった。大阪城天守閣研究主幹の北川央さんも「江戸後期には関西でもそばが多く食べられていたのに」と首をひねる。そのうち「きつねがうどんなら、たぬきはそばのことだろう」との発想で、油揚げがのったそばを「たぬき」と呼ぶようになった、とする説が根強い。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

たぬき、きつね、うどん

関西のふしぎ

【PR】

【PR】

クローズアップ 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

(はらだ・りゅうじ)俳優。1970年東京都生まれ。92年デビュー。現在は「相棒」ほか2時間ドラマ4シリーズにレギュラー出演。8月5日には「特命おばさん検事!花村絢乃の事件ファイル」(テレビ東京系)、8~9月は旅番組「ハワイに恋して」(BS12)に登場。中1の息子と小3の娘がいる。
                 

【最後の晩餐】誰とでもいいので秋田・乳頭温泉郷「鶴の湯」の山の芋鍋を! 2年前に「ぶっつけ本番!路線バスの旅」(BS-TBS)で訪れた時に食べた。粘り気十分のすり下ろしたヤマノイモを団子にした味噌仕立ての鍋がもう絶品。これにご飯と味噌汁、ぬか漬けがあればほかは何もいらない。

=写真 三浦秀行

原田龍二さん 旅の経験、芝居の隠し味に

 「予想外のドラマは必ず起こる。旅番組には妙に自信があるんです」と、俳優らしからぬことを言う。
 「水戸黄門」の助さん役や、「相棒」で思い込んだら一直線のおっちょこちょいな警部補役を演じるなどテレビドラ…続き (7/31)

趣味で乗るスポーツ自転車 初めての選び方

 街なかから郊外まで、スポーティーな自転車をさっそうと乗りこなす人を多く見かけるようになった。いわゆるママチャリ(軽快車)は気軽に買えるが、ブランドも車種も豊富なスポーツ自転車を選ぶのは意外に難しいも…続き (7/19)

米軍が持ち込んだ機関車は後年まで日本国内で使われた。46年撮影(原鉄道模型博物館提供)

原鉄道模型博物館提供

鉄道模型王・原信太郎氏が見た戦中戦後 [有料会員限定]

 鉄道ファンの楽しみ方は多様だ。車両や駅の写真を撮る、列車に乗る、切符や列車の部品を集める――。模型が好きな人や路線の開業や廃止を追いかける人もいる。鉄道ファンの中で、模型の製作や収集で名高い故・原信…続き (7/18)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

[PR]