日本経済新聞

3月2日(月曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

クローズアップ

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

きつねそば・たぬきうどん、なぜ大阪にはない?

(1/2ページ)
2013/3/2 6:30
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
印刷
リプリント
共有

 大きな油揚げがのったそばを食べるには、大阪では「たぬき」、関東では「きつね」と注文しないと通じない。この違いは割に知られているが、なぜそうなったかは謎。同じ関西でも大阪と京都の「たぬき」はまた違うらしい。きつねとたぬきはどこで化けたのか。

大阪のたぬき(手前)、きつね(右奥)、ハイカラ(左奥)=大阪市中央区の「うさみ亭マツバヤ」
画像の拡大

大阪のたぬき(手前)、きつね(右奥)、ハイカラ(左奥)=大阪市中央区の「うさみ亭マツバヤ」

 一般に関東では油揚げがのったそば・うどんを「きつね」、天かすのせを「たぬき」と呼ぶ。一方、大阪で「きつね」といえば油揚げのうどんだけを指し、「たぬき」は油揚げののったそばになる。きつねそば、たぬきうどんはあまり見かけない。

◇            ◇

 まず、きつねの足跡を追ってみた。実はきつねうどんの発祥は大阪にあるとされる。船場にある1893年(明治26年)創業のうさみ亭マツバヤだ。

 3代目店主の宇佐美芳宏さんによれば「最初は『こんこんうどん』と呼んでいたようですよ」。初代はすし屋で修業を積み、うどん屋で独立した。いなりずしをヒントに、かけうどんと皿にのせた油揚げを別々に出したのが始まりだったらしい。

画像の拡大

 そのうちお客さんが油揚げをうどんに直接のせて食べるようになり、商人の街・船場で大ヒット。いつの間にか「きつねうどん」と呼ばれ、全国に広がっていったとみられる。

 次はたぬき。辻調理師専門学校(大阪市)の日本料理専任教授、杉浦孝王さんに聞いてみた。

 「たぬきが生まれたのは江戸時代の終わり、関西より関東が先だったようだ」と杉浦さん。最初はイカのかき揚げをそばにのせていたようだが、「関東ではごま油で揚げるので衣が黒っぽくなる」。茶色がかった濃い色がたぬきを連想させ、名前の由来になったらしい。

 ところが関東発のたぬきそばは、なぜか関西で広まらなかった。大阪城天守閣研究主幹の北川央さんも「江戸後期には関西でもそばが多く食べられていたのに」と首をひねる。そのうち「きつねがうどんなら、たぬきはそばのことだろう」との発想で、油揚げがのったそばを「たぬき」と呼ぶようになった、とする説が根強い。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

たぬき、きつね、うどん

関西のふしぎ

【PR】

【PR】

クローズアップ 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

美しい景色に魅了される人も多い(石垣島北西部にある川平湾)

石垣市提供

憧れの田舎暮らし 沖縄・石垣島で実態を見た

 都会から地方への移住熱が高まっている。その理由の一つは田舎暮らしでのんびり過ごしたいといったところだろうが、生活環境も気候も違う土地で暮らすのはそう簡単でないと思っている人も少なくない。移住の実態は…続き (2/15)

光と影が織りなす美 ホテルオークラ東京本館

 日本の名門ホテル「ホテルオークラ東京」(東京・虎ノ門)の本館が建て替えのため8月末に閉館する。開業から半世紀。本館は日本のモダニズム建築を代表する建物だ。細やかな工夫を凝らした意匠や、ロビーで繰り広…続き (2/14)

(さわむら・いっき)俳優。1967年鹿児島県生まれ。雑誌モデルを経て、29歳でドラマデビュー。初の連続ドラマ主演は09年の「浅見光彦シリーズ」。ここ数年は立て続けに連ドラ主演でひっぱりだこ。「DOCTORS3」は1月から放映中。
 
 【最後の晩餐】誰とと聞かれて奥さんと答えようか、見ず知らずの若い女の子か。前日にかみさんに相談してみます。僕とがいいと彼女が言えばそうするし。かみさんは「体がとろけるような高級な肉」って言うと思う。僕はおいしいお茶漬けでいいんだけど。いやいや、辛口の日本酒とカラスミ、それにお茶漬けをさらさらっと。やっぱりそれがいいです。
=写真 編集委員 葛西 宇一郎

沢村一樹さん 「すし屋の海老天」の思い出

 食の原点は生まれ育った鹿児島の海の幸だ。種子島出身の母が得意としたのは魚の煮込み料理。だが、テーブルにしょっちゅう上る皿を見て「また魚か」とがっかりしたものだ。代わりに好きだったのはホワイトシチュー…続き (2/6)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について