阪堺線の堺市区間存続決定 利用者拡大策が焦点に

2010/10/21付
共有
保存
印刷
その他

 路面電車「阪堺線」堺市区間の廃止が回避されることが20日、正式に決まった。運行をする阪堺電気軌道(大阪市)の山本拓郎社長が竹山修身・堺市長を訪ね、存続と市の支援で基本合意した。今後は支援により実際、阪堺の経営がどれだけ立ち直るかに焦点が移る。

 「阪堺線を使って堺に往年のにぎわいを取り戻したい」。竹山市長は山本社長との会談後、こう抱負を述べた。堺市は今年度の補正予算案に阪堺線への支援7500万円を計上。これが9月末に市議会を通過し、支援開始のめどがついたため、阪堺も堺市区間の存続を決めた。

 利用者減から営業損益ベースで年間約2億円の赤字運行が続く阪堺線の堺市区間。堺市は来春の廃止回避のため6月、国の補助金も活用しながら、今後10年をめどに最大50億円を拠出する支援案を阪堺に提示。阪堺は来年1月にも利用者拡大を狙い、運賃割引を始める。

 だが、その前途は多難だ。現在、確定している支援はあくまで今年度分だけ。2011年度以降の支援は定期的に支援の効果を検証し、引き続き協議することになっているためだ。利用者が増えず、黒字化のめどが立たない場合、堺市は支援を途中で打ち切る可能性も示している。

 市が施設、車両を保有し、阪堺の負担を軽くする上下分離の議論にも火種がある。阪堺は今なお強く要望するが、市側には「市にも経営責任が生じ、問題の本質が変わる」など慎重論が根強い。

 阪堺線・堺市区間の運行が長期的に続くかは、今後の利用者の動向や上下分離論の扱いが鍵を握っている。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
26日 7:01
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:32
6:30
関西 7:01
7:00
中国 7:01
7:01
四国 7:01
7:01
九州
沖縄
6:00
26日 21:51

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報