台湾・鴻海、シャープに10%出資 筆頭株主に
第三者割当増資 670億円

2012/3/27 17:18 (2012/3/27 17:48更新)
保存
印刷
その他

画像の拡大

 シャープは27日、電子機器の受託製造で世界最大手の台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業と資本業務提携すると発表した。近く、シャープが約670億円の第三者割当増資を実施し、鴻海グループ4社が引き受ける。鴻海グループの割当増資実施後の出資比率は約10%(議決権べース)となり、日本生命を上回って筆頭株主になる。

 都内で会見した奥田隆司常務は「これまでのように研究開発から設計・生産をすべてを手掛けるのではなく、これからは協業を含めた取り組みを行うことが重要」と述べ、「両社の強みを生かしたグローバルレベルの垂直統合モデルを作り上げ、商品をタイムリーに市場に投入する」と説明した。

 鴻海はパソコンやゲーム機、テレビなどの生産を電機メーカーから受託するEMS(電子機器の受託製造サービス)の世界最大手。

保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワード

シャープ鴻海筆頭株主



【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報