任天堂の11年3月期、DS不振で66%減益(注目の決算)

2011/4/25付
共有
保存
印刷
その他

 任天堂が25日発表した2011年3月期の連結決算は、純利益が前の期比66%減の776億円だった。携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」の販売の落ち込みに加え、為替の円高も収益を圧迫した。売上高は29%減の1兆143億円で、2期連続の減収減益となった。

 12年3月期は売上高が前期比8%増の1兆1000億円、純利益が42%増の1100億円の見通し。2月末に国内で発売した3次元(3D)表示対応の「ニンテンドー3DS」の販売拡大などが業績に寄与する見込みだ。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

ニンテンドーDS任天堂

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 0:15
25日 7:01
東北 25日 7:00
25日 7:00
関東 12:18
7:01
東京 25日 7:00
25日 7:00
信越 25日 7:01
25日 7:00
東海 25日 14:30
25日 7:05
北陸 25日 6:00
25日 6:00
関西 1:43
25日 6:00
中国 25日 6:02
25日 6:01
四国 25日 6:02
25日 6:01
九州
沖縄
1:45
25日 2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報