速報 > 地域ニュース > 近畿 > 記事

関空・伊丹の運営権売却「14年度中に実現」 新関空会社社長

2013/9/26付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
その他

 新関西国際空港会社が関西国際空港と大阪国際(伊丹)空港の運営権売却(コンセッション)に向け、本格的に動き出した。安藤圭一社長は25日、日本経済新聞社のインタビューで「2014年度中に(コンセッションを)実現する」と明言した。東京五輪などで訪日客の増加が見込める首都圏の空港との連携を強化するなどで、関西全体の利便性向上につなげる考えを示した。

 安藤社長はコンセッションに向けた入札条件の提示について…

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

秋割実施中 お申し込みは10/10まで

電子版トップ速報トップ

関連キーワード

安藤圭一関西国際空港コンセッション大阪国際空港ターミナル

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報