速報 > 地域ニュース > 近畿 > 記事

伊丹ターミナル駐機場、現行方式を踏襲 利便性重視の改修に

2013/12/12 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 新関西国際空港会社は大阪国際(伊丹)空港の旅客ターミナル改修計画を改める。当初は旅客機が発着する駐機場のあり方を抜本的に変える計画だったが、空港運営に支障を来すことが判明。これまでの方針を転換し、改修案を練り直すことにした。新関空会社は東京五輪を控える2020年春までの全面完成を目指すが、先行きを不安視する声も出ている。

 ターミナルビルの改修は、このほど新関空会社が買収した大阪国際空港ターミナル…

関連キーワード

OAT、関西国際空港、大阪国際空港ターミナル、日本航空、全日本空輸

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
7/03 大引
20,539.79 +17.29 +0.08%
NYダウ(ドル)
7/02 17:20
17,730.11 -27.80 -0.16%
ドル(円)
7/03 16:30
123.06-07 -0.42円高 -0.34%
ユーロ(円)
7/03 16:30
136.71-72 +0.16円安 +0.12%
長期金利(%)
7/03 15:37
0.480 -0.030
NY原油(ドル)
7/02 終値
56.93 -0.03 -0.05%

日本経済新聞の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報