大阪市の公募区長、39人が最終面接に

2012/5/3付
共有
保存
印刷
その他

 大阪市は2日、全24行政区を対象に公募した区長の選考で、39人が1次面接を通過したと発表した。5月中旬から約1カ月かけて橋下徹市長らによる最終面接を行い、6月中に合格者を決める。

 市人事課によると、通過した39人は27~71歳で50代が多く、女性は2人のみ。区ごとの選考状況や現職区長の有無は公表していない。

 最終面接の合格者は8月1日付で区長に就任する予定。合格者がいない区が出た場合は、現職区長を留任させる方針だ。

 1月に締め切った公募には1460人が応募。1次面接は、論文など書類選考を通過した118人を対象に3~4月、市特別顧問で関西学院大教授の山中俊之氏らが実施した。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

橋下徹

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 12:30
7:05
北陸 7:01
7:00
関西 13:40
6:02
中国 5:55
5:50
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
16:06
16:02更新

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報