マクドナルド、経常益58%減の100億円 13年12月期

2013/12/19付
保存
印刷
その他

 日本マクドナルドホールディングスの業績悪化に歯止めがかからない。19日、2013年12月期の連結経常利益が前期比58%減の100億円になる見通しと発表した。従来予想を95億円下回る。8月、中核事業会社の社長にカナダ出身のサラ・カサノバ氏を起用したが有効策はまだ打ち出せず、コンビニエンスストアとの競合で客離れが進んでいる。今期の下方修正は8月に続き2回目。2期連続で減益となる。

 最大の要因が客離れで、今期の既存店売上高は約6%減る見通し。値下げキャンペーン抑制などで客数が大幅に減少。今夏には1個500円台の高級バーガーなどを発売したが不発だった。不採算店など110店を戦略的に閉めることで、連結売上高は2600億円と前期から12%減る。

 カサノバ新社長は、10月に冬季限定デザートを投入、11月には人気商品の「チキンフィレオ」を刷新するなど、テコ入れを進めている。だが、10、11月の既存店の客数は前年同月より約14%減と大きく落ち込んだ。

 19日に記者会見した今村朗執行役員は「これらの新商品は好評だが、消費者の中食シフトなどが響いている」と話す。特に、コンビニがコーヒーやチキンなど店内調理する食品を強化して売り上げを拡大していることが一因との見方がある。

 業績下方修正は、来期に向けてコストを前倒しで計上した面もある。店舗改装などの投資が経常利益を約15億円押し下げるほか、来期の店舗閉鎖に伴う関連損失の引当金を今期に計上し約8億円の減益要因となる。

 同社は25日、来年に投入する商品の説明会を開く。ただ新商品だけで客数が戻るかは不透明で、野村証券の繁村京一郎エグゼクティブ・ディレクターは「価格体系の見直しなど抜本的な打開策が必要」と話す。

保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報