母国を見限り「大脱出」
働けない 若者の危機 第5部 世界にみる明日(1)

(1/2ページ)
2013/3/23 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 若者の就職難は欧米から新興国に広がり、世界共通の課題として意識され始めた。放置した国では、社会の基盤を揺るがす事態に至っている。

 「もう選択肢がなくなった」。コスタデルソル(太陽の海岸)と呼ばれるスペイン南部マラガ。職業安定所から出てきたホセ・バルガス(24)の表情は青い空とは対照的に曇っていた。

■旧植民地へ流出

 半年前から続く求職活動には手ごたえさえ感じない。「スペイン語が通じるメキシコやアル…

関連キーワード

若者

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
7/06 13:54
20,057.48 -482.31 -2.35%
NYダウ(ドル)
7/02 17:20
17,730.11 -27.80 -0.16%
ドル(円)
7/06 13:34
122.32-36 -0.83円高 -0.67%
ユーロ(円)
7/06 13:34
135.06-10 -1.65円高 -1.21%
長期金利(%)
7/06 12:47
0.460 -0.020
NY原油(ドル)
7/02 終値
56.93 -0.03 -0.05%

アクセスランキング 7/6 13:00 更新

1.
誰も言い出せない ギリシャの「ユーロ離脱」 [有料会員限定]
2.
「債務すべてカットせよ」 ギリシャ、歓喜の反対派 [有料会員限定]
3.
ギリシャ緊縮反対 市場関係者の見方 [有料会員限定]

日本経済新聞の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報