オバマ米大統領が「激怒」 北朝鮮砲撃で韓国と協議へ

2010/11/24付
共有
保存
印刷
その他

 【ワシントン=弟子丸幸子】米ホワイトハウスのバートン大統領副報道官は23日、オバマ大統領が北朝鮮による韓国の砲撃に「激怒している」と明らかにした。オバマ大統領は同日(日本時間24日)中にも、韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領と電話で協議する。これに先立ち、ゲーツ米国防長官は金泰栄(キム・テヨン)韓国国防相と電話し、砲撃は「朝鮮戦争休戦協定違反」との認識で一致した。

 バートン氏によると、オバマ大統領がドニロン大統領補佐官(国家安全保障担当)から砲撃発生の報告を受けたのは米東部時間23日の午前3時55分(同午後5時55分)。大統領の就寝時間帯の報告は異例で、米政府が砲撃を深刻に受け止めたことを示す。

 バートン氏は記者団に、オバマ大統領は砲撃に「激怒している」と説明。「大統領は北朝鮮が休戦協定と国際法が定めた責務を実践すべきだと考えている」と語った。同盟国韓国の防衛のため「米国は必要な対応に全力を挙げる」と強調した。

 一方、ゲーツ長官は同日朝に金国防相と電話会談し、北朝鮮による攻撃を強く非難し、韓国防衛に責任を果たすと伝達した。両国防相は砲撃事件の対応について緊密に協議し、一致した対応をとることで合意した。米国防総省が明らかにした。

 ホワイトハウスでは同日、ドニロン大統領補佐官とクリントン国務長官、ゲーツ国防長官が対応策を協議した。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 14:15
12:35
北陸 7:01
7:00
関西 6:01
6:00
中国 7:02
7:01
四国 12:00
7:02
九州
沖縄
6:01
6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報