米HDD大手、タイ操業停止延長 「深刻な影響」

2011/10/18付
共有
保存
印刷
その他

 【NQNニューヨーク=古江敦子】ハードディスク駆動装置(HDD)大手のウエスタン・デジタルは17日、大規模洪水による被害の拡大を理由に、タイの工場の操業停止を延長すると発表した。現地のサプライチェーン(供給網)の寸断も加わり、10~12月期の同社の生産活動に「深刻な影響」を及ぼすとした。HDDの供給の遅れは、年末商戦を控えたパソコン市場などに影響を与えそうだ。

 同社が工場を構える中部アユタヤ県のバンパイン工業団地が前週末に浸水し、生産施設が水浸しになった。17日朝には中部パトムタニ県のナワナコン工業団地の防水堤が壊れ、同社の別の工場が浸水しそうだという。操業停止の延長期間は明らかにしていない。

 洪水被害に関する新たな情報は19日の投資家向け説明会で報告する。ウエスタン・デジタルは2011年4~6月期に約5400万台のHDDを出荷し、その約6割がタイからだった。洪水被害の拡大で業績への不安が強まり、同社の株価は17日に大幅に続落し、前週末比2.09ドル(7.4%)安の26.25ドルで通常取引を終えた。

 一方、マレーシアやシンガポール、米国にある工場は正常に稼働している。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

ウエスタン・デジタルHDDハードディスク

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 21:44
7:01
信越 7:00
7:00
東海 21:24
21:24
北陸 6:32
6:25
関西 12:50
6:30
中国 7:02
7:01
四国 7:02
7:00
九州
沖縄
21:23
21:21

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報