円の売越幅、2カ月ぶり高水準 シカゴ投機筋

2013/3/9付
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 【NQNニューヨーク=横内理恵】米商品先物取引委員会(CFTC)が8日発表した5日時点の建玉報告によると、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の通貨先物市場で、投機筋(非商業部門)の円の対ドルでの売越幅は前週比8007枚多い7万3351枚だった。売越幅は2週ぶりに拡大し、1月8日以来、約2カ月ぶりの高水準となった。

 米経済指標の改善や米株式相場の上昇などを背景に、期間中は円が対ドルでじりじりと売られる展開となった。投機筋は買い持ちを減らし、売り持ちを増やした。

 ユーロは2週連続で売り越し。売越幅は前週比1万6722枚多い2万6116枚と、2012年12月11日以来、約3カ月ぶりの高水準だった。2月のユーロ圏の失業率上昇などを受け、期間中はユーロが小幅に下げた。投機筋はユーロの買い持ちを減らし、売り持ちを増やした。

小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

電子版トップ

関連キーワード

越幅、CFTC

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
6/27 9:31
15,112.48 +160.46 +1.07%
NYダウ(ドル)
6/24 終値
17,400.75 -610.32 -3.38%
ドル(円)
6/27 9:11
102.32-33 -0.73円高 -0.70%
ユーロ(円)
6/27 9:11
112.88-93 -2.13円高 -1.85%
長期金利(%)
--
--
NY原油(ドル)
6/24 終値
47.64 -2.47 -4.92%

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報