北朝鮮「今から戦時状況に」 特別声明で米韓威嚇

2013/3/30付
保存
印刷
その他

 【ソウル=内山清行】北朝鮮は30日午前、政府、政党、諸団体による特別声明を発表し「今から北南関係は戦時状況に入り、全ての問題は戦時に準じて処理される」と宣言した。声明は「米国と南朝鮮(韓国)が戦争の火を付ける軍事的挑発を起こすなら、それは局地的なものに限られず全面戦争、核戦争へと広がるだろう」として、米韓両国を威嚇している。

 朝鮮通信(東京)が北朝鮮の朝鮮中央通信の報道を伝えた。声明は米軍がレーダーに探知されにくいステルス機能を持つB2戦略爆撃機を米韓合同軍事演習に投入したことに触れながら、米韓両国を批判。「我々の最初の攻撃で、米国本土とハワイ、グアムなどの米軍基地は全滅し、青瓦台(大統領府)や韓国軍基地も焦土になるだろう」と強調した。

 北朝鮮は国連安全保障理事会決議や米韓軍事演習に反発し、11日から朝鮮戦争の休戦協定を白紙化したと表明した。その後も朝鮮人民軍最高司令部が声明で「第1号戦闘勤務態勢」に入ったとするなど、米韓へのけん制を続けている。

 韓国統一省は30日、北朝鮮の特別声明について「一連の挑発行為の一環で、新しい脅威とはいえない」とする政府見解を発表した。

保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワード

韓国北朝鮮声明朝鮮中央通信朝鮮通信

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報