日本の幸福度、21位 OECD調査

2013/5/28付
共有
保存
印刷
その他

 経済協力開発機構(OECD)は28日、国民生活の幸福度を評価した「より良い暮らし指標(ベター・ライフ・インデックス=BLI)」の最新版を公表した。加盟国にブラジルとロシアを加えた36カ国中、日本の総合的な幸福度は昨年と同じ21位。3年連続のトップはオーストラリアで、スウェーデン、カナダが続いた。

 11の評価分野のうち、日本は「安全」がトップで、犯罪の少なさなどが評価された。「教育」は2位だった。一方「仕事と生活の調和」は34位。余暇や睡眠、食事の時間が平均を下回ったことが響いた。BLIは国内総生産(GDP)に変わる国民の豊かさを測る指標として2011年からOECDが公表している。

(パリ=竹内康雄)

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

OECDBLI

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 18:07
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 22:00
22:00
北陸 7:01
7:00
関西 7:00
6:59
中国 7:02
7:01
四国 7:02
7:01
九州
沖縄
21:55
21:38

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報