米国務次官補、北朝鮮の権力継承「判断は時期尚早」

2010/9/28付
保存
印刷
その他

 【ニューヨーク=杉本晶子】キャンベル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)は27日、ニューヨークでの記者会見で、北朝鮮の権力継承プロセスについて慎重に動向を見極める姿勢を示した。北朝鮮で金ジョンウン氏に大将の軍事称号が与えられたとの情報に「(称号授与に続く)次の段階や、北朝鮮首脳部で何が起きているかを判断するのは時期尚早だ」と述べた。

 同次官補は北朝鮮の核問題を巡る6カ国協議にも言及。協議再開へ「北朝鮮は2005年の(6カ国協議声明で示した)非核化合意の実行に真剣であることを示すため、行動を起こさなければならない」とも述べた。

保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:25
6:22
関西 6:00
6:00
中国 6:00
6:00
四国 6:00
6:00
九州
沖縄
2:02
2:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報