天候異変 中国で豪雨・ロシア干ばつ・南米は寒波…
農作物や物流に影響

(1/2ページ)
2010/7/24付
共有
保存
印刷
その他

 世界各地で豪雨や干ばつなど天候異変が相次ぎ、経済や市民生活に影響が及んでいる。中国では豪雨で1億人以上が被災。ロシアは24日にモスクワの気温が7月として過去最高の36.7度を記録するなど、記録的な猛暑と少雨に見舞われている。両国とも農作物の収穫減が予想され、ロシアの生産減への懸念から小麦の国際価格は約13カ月ぶりの高値水準にある。欧州は熱波、南半球の南米諸国は寒波に見舞われ、市民生活に混乱が起きている。

 中国の豪雨では農作物への被害も深刻で、直接の経済損失は約1422億元(約1兆8300億円)に達した。秋収穫の作物への影響を懸念した農業省は、各地の農業当局に生産計画の見直しを指示した。

 長江(揚子江)中流の世界最大級の「三峡ダム」では水の流入量が20日、1998年の歴史的な洪水時の規模を突破。当局は放水量を増やすとともに船舶の航行を4日間停止。上海や重慶など工業地帯を結ぶ貨物輸送に一時影響が出た。

 干ばつ被害が広がるロシアでは当局が南部と中部の穀倉地帯を中心に非常事態を宣言。ロシア農業省は今穀物年度(2010年7月~11年6月)の小麦など穀物の予想収穫高を昨年度比12%減の8500万トンに引き下げたが、さらに下方修正を迫られそうだ。ロシア穀物連盟の幹部は今年度の輸出量が2割減になる可能性を指摘した。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

ロシア干ばつ豪雨中国農作物

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:02
7:01
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 7:02
7:01
関西 14:30
6:30
中国 6:02
6:00
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
2:00
1:31

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報