「トヨタは海外に権限委譲を」 リコール問題で第三者委

2011/5/24付
共有
保存
印刷
その他

 【ニューヨーク=小高航】トヨタ自動車の米リコール(回収・無償修理)問題に関する外部有識者組織「北米品質アドバイザリー委員会」は23日、トヨタの品質管理上の問題点などを調査した報告書をまとめ、改善策を提言した。顧客の苦情への対応の遅れが指摘されたことを踏まえ、海外への権限委譲や北米事業を統括するポストの新設などを提言した。

 報告書は、トヨタが顧客からの苦情に「懐疑的で自己防衛的な態度で対応していた」と指摘。地域ごとに迅速な意思決定を可能にするため、現在は販売や生産で分かれている現地子会社を統括する「最高責任者」の役職を置くよう唱えた。トヨタの豊田章男社長は同日、声明を出し「今回の提言を受け、さらに安全で信頼できるクルマ作りを目指す」と述べた。

 アドバイザリー委はトヨタが昨年春、スレーター元米運輸長官をトップに招いて発足した。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

トヨタ自動車リコール問題豊田章男権限委譲

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:02
7:01
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 14:00
7:05
北陸 6:10
6:01
関西 6:02
6:00
中国 6:02
6:00
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
2:00
26日 21:52

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報