アジア最新ニュースの掲載を始めました

チャイナViews

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

日本企業の進出渇望する地域も 「一つでない中国」
広州支局 桑原健

(1/2ページ)
2012/10/25 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 沖縄県の尖閣諸島を巡る対立で「反日」一色に染まったかに見える中国。だが、一皮むけば、多様な利害を持つ地域の集まりであることが見えてくる。すでに地元経済の維持に日本企業が欠かせなくなった地域、今なお日本企業の進出を渇望する地域など日本との関係を見ると事情はさまざまだ。

 9月中旬、キヤノンやカシオ計算機など日系電機大手の工場で反日デモが広がった広東省中山市。デモに参加した従業員たちからは賃上げ要求も…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップアジアトップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!


チャイナViews 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

配車アプリ「滴滴出行」では運転手の評価がサービスの向上につながっている(遼寧省大連)

劣悪でも無問題? 中国人、サービス向上に諦め 

 学生らが間もなく夏休みシーズンを迎える中国。この機会を利用して、家族や友人と日本を訪れる旅行客も多いだろう。中国人は日本人の「もてなしの心」を高く評価する一方、自国で受ける劣悪な対応には、不快感を示…続き (7/14)

丹東の抗米援朝記念館は入り口が封鎖され、「閉館通知」が貼られていた

血盟の中朝、消えた「抗米援朝」が示す異変 [有料会員限定]

 中国と北朝鮮の国境に静かな異変が起きている。1950年に始まった朝鮮戦争に義勇軍を派遣し、米国と戦って北朝鮮を支援した中国。その「抗米援朝(米国に対抗し北朝鮮を助ける)」と呼ぶ歴史を喧伝(けんでん)…続き (7/7)

卓球のスター選手である馬龍らのボイコット事件は大きな波紋を呼んだ=ロイター

ロイター

試合ボイコットも 中国、スポーツ「挙国体制」のほころび [有料会員限定]

 中国の“挙国体制”にほころびが見えてきた。中国では幼少期からスポーツエリートを選抜し、国家が選手を育成しており、これを挙国体制と呼んでいる。オリンピックの獲得金メダル数では中国は米英と1、2位を争う…続き (6/30)

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]