米、中国にウクライナ情勢で協力要請へ

2014/3/18付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
その他

 【ワシントン=吉野直也】オバマ米大統領は24、25両日にオランダ・ハーグで開く核安全保障サミットの機会を利用した中国の習近平国家主席との会談で、ウクライナ情勢への協力を求める方針だ。ロシアに影響力を持つ中国とも連携し、緊迫するウクライナ情勢の緊張緩和につなげる狙いだ。

 ローズ米大統領副補佐官は17日の電話記者会見で、核安全保障サミットでのオバマ氏と習主席の米中首脳会談を正式に発表した。オバマ氏と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版は月初がお得。今なら12月末まで無料

電子版トップ

関連キーワード

オバマ習近平ダライ・ラマ14世ライス中国ロシアウクライナ情勢

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報