Financial Times

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

[FT]石油生産の上限論は過去の話(社説)

(1/2ページ)
2014/6/17 14:15
共有
保存
印刷
その他

 ピークオイル論は死んだ。米国の石油産出量が1970年に記録した過去最高水準に達したというニュースは、石油生産がピークに達した後に釣り鐘のような曲線を描いて低下するというピークオイル論がすでに過去の話になったという見方に説得力をもたせる。

 ピークオイルについての理論付けの多くは技術的進歩の予想や、経済的な誘因の理解を欠いている。米国にシェール(オイル)が埋蔵されていることはわかっていたが、かつては商業ベースにのらなかった。だが、いまでは水平掘削や水圧破砕の進歩で採掘が可能になり、15年前にはとても想像できなかった石油価格の上昇も手伝い、生産量は急増した。

米ユタ州にある石油掘削装置=AP
画像の拡大

米ユタ州にある石油掘削装置=AP

 ピークオイル論を支持する人たちの主張は歴史の片隅に追いやられそうだが、それが完全に間違っていたわけではない。地質学や政治的な事情により、石油生産(の拡大)は困難になってきた。原油価格が1バレルあたり100ドルを上回る水準にとどまっていることがそれを十分に証明している。石油生産は今後15年間も難しいままかもしれない。

 石油の「豊かな時代」をめぐる議論を正当化するのは、北米における生産の展望だけである。北米で石油生産が相当に増えているのは確かで、さらに伸びる可能性もある。しかし、北米を離れれば話は別だ。北海油田のように衰えている油田では生産が減り、イラク、ベネズエラをはじめ政治不安や安全保障上の脅威を抱える国々もある。2005年以降、世界の原油生産の増加分がすべて米国におけるものだという事実は驚くべきことだ。

■石油需要は増え続ける

 数年を見渡すと、見通しはいまとそれほど変わらないようだ。石油の世界需要は、中国の金融が崩壊するような衝撃がなければ、増え続けるだろう。新興国の経済が拡大するからだ。だが、供給は抑えられる。先進国側の国際エネルギー機関(IEA)は昨年、12~18年に米国やカナダの次に、世界市場に対する石油の新規供給で大きく貢献する国はイラクとブラジルだと予測した。だが、ブラジルの企業は深海油田の開発において技術的な課題に直面しており、イラクは混乱している。両国ともそれほどあてにはできないようだ。

 米国における産油量が急拡大しているおかげで、世界の石油価格は最近、極めて安定している。だが、英BPのチーフエコノミストであるクリストフ・ルール氏は昨日、米国の増産と、11年以降の「アラブの春」による中東での減産が「偶然にも一緒に起きた」結果にすぎないと述べた。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

【PR】

Financial Times 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

アマゾンはホールフーズの買収で、新鮮で安く、幅広い生鮮品を実店舗や消費者に届けようとしている=AP

AP

[FT]米アマゾンが目指す究極の小売り [有料会員限定]

 米アマゾン・ドット・コムという企業を理解できたと思いきや、同社にはまた驚かされた。実店舗を構える従来型の小売業者に容赦ない値下げ競争を仕掛けるネット通販大手が、米高級食品スーパーのホールフーズ・マー…続き (6/23)

21日、他の王族と言葉を交わすサウジアラビアのムハンマド新皇太子(右)=ロイター

ロイター

[FT]サウジのムハンマド新皇太子への危険な権力集中(社説) [有料会員限定]

 サウジアラビアのサルマン国王は、2015年に王位についてから、王国の鍵の大半をムハンマド・ビン・サルマン副皇太子の手に握らせた。経験は浅いが活力に満ちた31歳の息子は、国防や外交政策だけでなく、経済…続き (6/23)

大連万達集団傘下の上場企業の株価が下落した(大連万達のロゴ)=ロイター

ロイター

[FT]中国、M&Aブームのシステミックリスクを警告 [有料会員限定]

 中国の銀行監督当局は国内の銀行に対し、海外で買収攻勢を続ける「いくつかの大企業」がもたらす「システミック(システム全体に影響が及ぶような)リスク」について検査するよう命じた。これを受けて、最も買収に…続き (6/23)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<6/19の予定>
  • 【国内】
  • 5月の貿易統計速報(財務省、8:50)
  • 国際決済銀行(BIS)国際資金取引・与信統計の日本分集計結果(日銀、8:50)
  • 小林同友会代表幹事の記者会見(13:30)
  • 株主総会=アステラス、第一三共、バンナムHD
  • 【海外】
  • 5月の中国主要70都市の新築住宅価格動向(10:30)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<6/20の予定>
  • 【国内】
  • 閣議
  • 5月の白物家電出荷額(JEMA、10:00)
  • 5月の全国百貨店売上高(日本百貨店協会、14:30)
  • 5月の主要コンビニエンスストア売上高(日本フランチャイズチェーン協会、16:00)
  • 株主総会=双日、ヤフー、コニカミノル、リクルート、コマツ、シャープ、デンソー、ゆうちょ銀、コンコルディ、東エレク、ジャフコ、NTTドコモ
  • ジャスダック上場=ディーエムソリューションズ
  • 【海外】
  • 豪中銀理事会の議事要旨公表(6日開催分、10:30)
  • 英国の離脱交渉巡る欧州連合(EU)総務理事会(ルクセンブルク)
  • 1~3月期の米経常収支(21:30)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<6/21の予定>
  • 【国内】
  • 日銀金融政策決定会合の議事要旨(4月26~27日開催分、8:50)
  • 5月の食品スーパー売上高(日本スーパーマーケット協会など、13:00)
  • 5月の全国スーパー売上高(日本チェーンストア協会、14:00)
  • 稲野日証協会長の記者会見(14:30)
  • 黒田日銀総裁が全国信用金庫大会であいさつ(都内、15:36ごろ)
  • 5月の訪日外国人客数(日本政府観光局、16:00)
  • 株主総会=ヤクルト、三越伊勢丹、住友化、エーザイ、神戸鋼、日立、Jディスプレ、かんぽ生命、三井物、H2Oリテイ、新生銀、西武HD、郵船、KDDI、ソフトバンク
  • 札証アンビシャス上場=エコモット
  • 【海外】
  • 5月のマレーシア消費者物価指数(CPI)
  • 5月の米中古住宅販売件数(23:00)
  • 米エネルギー省の石油在庫統計(週間、23:30)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<6/22の予定>
  • 【国内】
  • 6月の月例経済報告(内閣府)
  • 対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
  • 3カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 岩田日銀副総裁が金融経済懇談会であいさつ(青森市、10:30)
  • 岩田日銀副総裁が記者会見(青森市、14:30)
  • 株主総会=帝人、塩野義、LIXILグ、日本郵政、オムロン、NEC、日立造船、三菱重、ヤマハ、丸三、JAL
  • 【海外】
  • ニュージーランド中銀が政策金利を発表(6:00)
  • フィリピン中銀が政策金利を発表
  • 欧州連合(EU)首脳会議(ブリュッセル、23日まで)
  • 米新規失業保険申請件数(週間、21:30)
  • 5月の米景気先行指標総合指数(23:00)
  • パウエル米連邦準備理事会(FRB)理事が上院で議会証言(23:00)
  • 米FRBがストレステストの結果を公表
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<6/23の予定>
  • 【国内】
  • 4月の毎月勤労統計確報(厚労省、9:00)
  • 東京都議選告示(7月2日投開票)
  • 株主総会=JFE、荏原、日本精工、NTN、アルプス、コロムビア、IHI、今村証券、三菱自、SUBARU、伊藤忠、丸紅、豊田通商、住友商、三菱商、りそなHD、みずほFG、野村、東洋、JR東日本、JR東海、ヤマトHD、川崎汽、ANAHD、東電HD、スクエニHD
  • (閣議は取りやめ)
  • 【海外】
  • 5月のシンガポール消費者物価指数(CPI)
  • 5月のシンガポール鉱工業生産
  • 6月の仏製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値(16:00)
  • 6月の独PMI速報値(16:30)
  • 6月のユーロ圏PMI速報値(17:00)
  • 欧州連合(EU)首脳会議(ブリュッセル)
  • 6月の米製造業PMI速報値(IHSマークイット調べ、22:45)
  • 5月の米新築住宅販売件数(23:00)
  • ブラード・セントルイス連銀総裁が講演(24日0:15)
  • パウエル米連邦準備理事会(FRB)理事が講演(24日3:15)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]