Financial Times

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

[FT]石油生産の上限論は過去の話(社説)

(1/2ページ)
2014/6/17 14:15
共有
保存
印刷
その他

 ピークオイル論は死んだ。米国の石油産出量が1970年に記録した過去最高水準に達したというニュースは、石油生産がピークに達した後に釣り鐘のような曲線を描いて低下するというピークオイル論がすでに過去の話になったという見方に説得力をもたせる。

 ピークオイルについての理論付けの多くは技術的進歩の予想や、経済的な誘因の理解を欠いている。米国にシェール(オイル)が埋蔵されていることはわかっていたが、かつては商業ベースにのらなかった。だが、いまでは水平掘削や水圧破砕の進歩で採掘が可能になり、15年前にはとても想像できなかった石油価格の上昇も手伝い、生産量は急増した。

米ユタ州にある石油掘削装置=AP
画像の拡大

米ユタ州にある石油掘削装置=AP

 ピークオイル論を支持する人たちの主張は歴史の片隅に追いやられそうだが、それが完全に間違っていたわけではない。地質学や政治的な事情により、石油生産(の拡大)は困難になってきた。原油価格が1バレルあたり100ドルを上回る水準にとどまっていることがそれを十分に証明している。石油生産は今後15年間も難しいままかもしれない。

 石油の「豊かな時代」をめぐる議論を正当化するのは、北米における生産の展望だけである。北米で石油生産が相当に増えているのは確かで、さらに伸びる可能性もある。しかし、北米を離れれば話は別だ。北海油田のように衰えている油田では生産が減り、イラク、ベネズエラをはじめ政治不安や安全保障上の脅威を抱える国々もある。2005年以降、世界の原油生産の増加分がすべて米国におけるものだという事実は驚くべきことだ。

■石油需要は増え続ける

 数年を見渡すと、見通しはいまとそれほど変わらないようだ。石油の世界需要は、中国の金融が崩壊するような衝撃がなければ、増え続けるだろう。新興国の経済が拡大するからだ。だが、供給は抑えられる。先進国側の国際エネルギー機関(IEA)は昨年、12~18年に米国やカナダの次に、世界市場に対する石油の新規供給で大きく貢献する国はイラクとブラジルだと予測した。だが、ブラジルの企業は深海油田の開発において技術的な課題に直面しており、イラクは混乱している。両国ともそれほどあてにはできないようだ。

 米国における産油量が急拡大しているおかげで、世界の石油価格は最近、極めて安定している。だが、英BPのチーフエコノミストであるクリストフ・ルール氏は昨日、米国の増産と、11年以降の「アラブの春」による中東での減産が「偶然にも一緒に起きた」結果にすぎないと述べた。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

【PR】

Financial Times 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

英国のEU離脱に融和的な発言をしてきたメルケル独首相(中央)だが、ここへ来て強硬姿勢に転じた(25日、ローマ条約60周年の首脳会議で)=ロイター

ロイター

[FT]ドイツ、英EU離脱交渉を前に姿勢を硬化

 英国のメイ首相が29日に歴史的な欧州連合(EU)離脱の交渉を開始するのを前に、ドイツは同国に対する姿勢を硬化させた。
 昨夏の英国民投票によるEU離脱決定後、メルケル独首相は理解を示す口ぶりだったが、…続き (3/28)

米大統領選でミシガン州は激戦区の一つだった(同州で最後の選挙活動をするトランプ氏)=ロイター

ロイター

[FT]米大統領選、ツイッターの4分の1が偽ニュース

 昨年の米大統領選で、ツイッター利用者が選挙戦終盤に激戦区ミシガン州で共有したウェブコンテンツの約4分の1がいわゆる偽ニュースだったことが、英オックスフォード大学の研究で明らかになった。
 オックスフォ…続き (3/28)

アマゾンは一流ビジネススクールから多く人材を募っている。写真は去年夏に発表した「プライムエア」サービスに使う機体。同社は自前の物流網を築く準備を進めている=AP

AP

[FT]米アマゾン、MBA取得者を大量買い

 米サンフランシスコのベイエリアと英ロンドンのショーディッチでは、事業を立ち上げるために大学を中退することは、名誉の印だ。もし規模が大きい著名ハイテク企業で働きたいなら、話は別だ。
 米アマゾン・ドット…続き (3/28)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<3/27の予定>
  • 【国内】
  • 2月の企業向けサービス価格指数(日銀、8:50)
  • 日銀金融政策決定会合の主な意見(3月15~16日分、8:50)
  • 2月の外食売上高(日本フードサービス協会、14:00)
  • マザーズ上場=ティーケーピー
  • 【海外】
  • 1~2月の中国工業企業利益(10:30)
  • 3月の独Ifo企業景況感指数(17:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<3/28の予定>
  • 【国内】
  • 閣議
  • 小林同友会代表幹事の記者会見(13:30)
  • 2月期決算=ニトリHD
  • 東証ジャスダック上場=No.1、ズーム
  • 【海外】
  • 1月のS&Pコアロジック・ケース・シラー米住宅価格指数(22:00)
  • 3月の米消費者信頼感指数(23:00)
  • イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長が講演
  • パウエルFRB理事が講演
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<3/29の予定>
  • 【国内】
  • 2月の商業動態統計速報(経済産業省、8:50)
  • 2月の自動車各社の生産・販売実績
  • 東証1部上場=オークネット
  • 東芝、半導体メモリー事業への出資の1次入札締め切り
  • 【海外】
  • イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長が講演(1:30)
  • パウエルFRB理事が講演(5:30)
  • タイ中央銀行の金融政策委員会
  • 英国が欧州連合(EU)に離脱を通知
  • 2月の米仮契約住宅販売指数(23:00)
  • 米エネルギー省の石油在庫統計(週間、23:30)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<3/30の予定>
  • 対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
  • 東芝の臨時株主総会(幕張メッセ、10:00)
  • 2年物国債の入札発行(財務省、10:30)
  • 2月の建設機械出荷額(日本建設機械工業会、12:00)
  • 南アフリカ中銀が政策金利を発表
  • 3月の独消費者物価指数(CPI)速報値
  • 東証1部上場=スシローグローバルホールディングス
  • マザーズ上場=ユーザーローカル
  • 10~12月期の米実質国内総生産(GDP)確定値(21:30)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<3/31の予定>
  • 閣議
  • 2月の全国・3月の都区部CPI(総務省、8:30)
  • 2月の家計調査(総務省、8:30)
  • 2月の完全失業率(総務省、8:30)
  • 2月の有効求人倍率(厚生労働省、8:30)
  • 2月の鉱工業生産指数速報(経済産業省、8:50)
  • 2月の自動車生産・輸出実績(自工会、13:00)
  • 2月の住宅着工戸数(国土交通省、14:00)
  • 清田日本取引所CEOの記者会見(15:30)
  • 3月の為替介入実績(財務省、19:00)
  • ジャスダック上場=ネットマーケティング
  • 3月の中国製造業PMI(10:00)
  • 3月の中国非製造業PMI(10:00)
  • 3月の独失業率(16:55)
  • 3月のユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値(18:00)
  • 3月の米消費者態度指数(確報値、ミシガン大学調べ)
  • 2月の米個人所得(21:30)
  • 2月の米個人消費支出(PCE)(21:30)
  • 3月のシカゴ購買部協会米景気指数(PMI)(22:45)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]