グーグルがモトローラ買収 携帯事業、9600億円で

(1/2ページ)
2011/8/16付
共有
保存
印刷
その他

 【シリコンバレー=奥平和行】インターネット検索最大手の米グーグルは15日、通信機器大手の米モトローラ・モビリティーを125億ドル(約9600億円)で買収すると発表した。グーグルは基本ソフト(OS)「アンドロイド」を世界のメーカーに無償提供する形で、スマートフォン(高機能携帯電話)関連事業を展開している。豊富な特許を持つ老舗メーカー買収で事業拡大を加速、成長市場で米アップルなどに対抗する態勢を固める。

 グーグルとモトローラ・モビリティーが合意内容を発表した。グーグルはモトローラ・モビリティーの発行済み全株式を1株当たり40ドルで取得する。取得額は12日終値を63%上回る水準に設定した。買収は米国や欧州などの当局の承認が必要で、2011年末~12年初めに手続きを完了する見通しだ。

 グーグルによるM&A(合併・買収)では過去最大規模で、大手メーカーの買収も初めて。「iPhone」(アイフォーン)のアップルと同様、ソフトからハードまでを手掛ける態勢となるが、グーグルは買収後もモトローラ・モビリティーを独立事業部門として運営。韓国・サムスン電子や台湾・宏達国際電子(HTC)などへのOS供給も継続する。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:00
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:01
7:00
北陸 7:00
7:00
関西 6:03
6:02
中国 6:02
6:00
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
2:01
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報