米、中国に懸念を伝達 尖閣上空の領空侵犯で

2012/12/15付
保存
印刷
その他

 【ワシントン=芦塚智子】米国務省のベントレル報道部長は14日の記者会見で、中国国家海洋局に所属する航空機が沖縄県の尖閣諸島上空で領空侵犯したことについて、中国政府に直接、懸念を伝えたことを明らかにした。尖閣諸島が日米安保条約の適用対象であることも中国側に明確にしたと説明した。

 報道部長は、領空侵犯について「懸念している」とした上で「緊張を引き起こす行動を避け、地域の平和や安定、経済成長をむしばむような誤算を防ぐことが重要だ」と強調した。

保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報