50年のGDP、首位は中国 日本は4位 英銀予測

2012/1/13付
共有
保存
印刷
その他

2050年世界経済規模ランキング
中国2,533(7.2)
米国2,227(1.9)
インド816(8.5)
日本642(1.2)
ドイツ371(1.8)
英国357(2.0)
ブラジル296(3.2)
メキシコ281(4.0)
フランス275(1.8)
10カナダ228(2.5)
11イタリア219(1.9)
12トルコ214(5.5)
13韓国205(2.5)
14スペイン195(2.7)
15ロシア187(4.5)
16フィリピン168(15.0)
17インドネシア150(5.4)
18オーストラリア148(2.6)
19アルゼンチン147(3.4)
20エジプト116(7.2)

※HSBC予測。GDP、単位百億ドル、カッコ内は2010年実績との比較、倍

 英銀最大手HSBCが12日、2050年の世界経済規模ランキング予測をまとめた。中国の国内総生産(GDP)は25兆3300億ドル(約1950兆4100億円)となり世界首位に浮上、米国(22兆2700億ドル)との2強体制が鮮明になる。人口が1億200万人まで減る日本(6兆4200億ドル)は世界最多の16億人に膨らむインド(8兆1600億ドル)に抜かれ4位に後退する。

 国連の人口予測と各国・地域の潜在力を踏まえてHSBCが独自に分析した成長見通しを掛け合わせて順位付けした。

 中印以外で台頭が際立つのは、欧州とアジアの結節点に位置するトルコで、10年実績の18位から12位に浮上。現時点では東南アジア主要国で最貧のフィリピンは一気に27も順位を上げ16位となりGDPが東南アジア最大になる。エジプトも20位に上昇、アフリカで唯一トップ20入りする。半面、フランスやイタリア、オランダなどドイツ(5位)を除くユーロ圏諸国の存在感が低下する。

 人口1人当たりGDPでみると首位にルクセンブルク、2位にシンガポールなど上位に小国が並ぶ。日本は4位に入り、人口1億人超の国としてはトップの座を死守する見通しだという。(シンガポール=佐藤大和)

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

GDPHSBC

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:00
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 21:21
7:00
信越 7:01
7:00
東海 16:00
7:05
北陸 6:32
6:25
関西 6:00
6:00
中国 15:02
6:03
四国 6:02
6:01
九州
沖縄
22:07
22:06

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報