投資家ソロス氏、国際人権団体に84億円寄付

2010/9/8付
共有
保存
印刷
その他

 著名投資家のジョージ・ソロス氏(80)は7日、国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチ(本部ニューヨーク)に今後10年間で1億ドル(約84億円)を寄付すると発表した。同氏は慈善家としても有名だが、同氏の非政府組織(NGO)への寄付としては過去最大になる。

 景気低迷で米国の寄付活動は停滞している。ギビングUSAファウンデーションなどの集計によると、昨年の寄付総額は約3000億ドルと、前年から4%近く減少。ソロス氏は「幸いにも私は投資で成功した。寄付全体が減っているからこそ私は増やしたい」という。

 米誌フォーブスによると、ソロス氏は世界35位の富豪で個人資産は140億ドル。これまでも教育水準の底上げをはじめ、世界の幅広い範囲で寄付を続けてきた。

 ヒューマン・ライツ・ウオッチは世界90地域の人権問題を調べ、政策を提言している。寄付金は国際展開に充て、現在37地域の拠点や人員を増やす計画。ソロス氏は人々の自由な発想を促す「開かれた社会」の提唱者として知られる。(ニューヨーク=梶原誠)

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

ジョージ・ソロス寄付NGO投資家ニューヨーク

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 14:56
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 14:05
14:03
北陸 7:00
7:00
関西 6:03
6:02
中国 15:00
6:02
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
2:01
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報