Financial Times

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

[FT]時代の終わりを象徴するチャベス氏の死

2013/3/7付
共有
保存
印刷
その他

(2013年3月7日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

 ベネズエラのウゴ・チャベス大統領が死去し、同国と周辺地域には空白が生じるだろう。だが、彼は長い間惜しまれるだろうか。惜しむのはロシアの兵器商人とベネズエラの石油開発に400億ドル(約3兆7600億円)を融資した中国の国営銀行だけだろう。

 喪が明けた後、ベネズエラはどうなっているだろうか。失政、汚職、インフレ、物不足、そして増え続ける犯罪といった問題も変わらない。カラカスは世界で最も危険な都市のひとつだ。政治的天才だったチャベス氏はこうした問題で批判されることなく革命への高い評価を得た。だが、新政府はそうはいかないだろう。

 ベネズエラは貧困を大幅に削減したと自慢する。しかし、多くの国がチャベス氏のように経済をめちゃくちゃにすることなしにベネズエラと同じくらい、あるいはそれ以上貧困を減らしている。

 チャベス氏は自らの革命の徳をあれこれ説いていたが、大半の中南米諸国には分別があった。石油を基盤にしたモデルがベネズエラ以外では適用できないと分かっていた。ベネズエラの危うい状態を見て、それを自分たちの国に導入したいとは決して思わなかった。

 チャベス主義は地元では存続するだろうが、成功モデル、あるいは目指すべきモデルとして称賛された日々はとっくに過ぎ去っている。

 ベネズエラの中南米における影響力は弱まるだろう。代わってブラジル、あるいは急成長を続ける太平洋同盟(PA、中南米4カ国で構成する自由貿易圏)諸国が力を強めるだろう。チャベス氏の左翼的発言で中南米諸国間の関係はギクシャクしてきたが、ブラジルも太平洋同盟諸国も実践的に行動するだろう。

 チャベス氏の死はひとつの時代の終わりを告げる。それは大衆に人気のある独裁者による支配という中南米史における後ろ向きの時代の終わりをも象徴する。

 彼は貧しい人たちのことを思い、テレビ伝道師のような華々しさで彼らへの愛を見せ付けた。感動的ではある。だが、彼の死はこの地域にとってよかったとしかいいようがない。

(c) The Financial Times Limited 2013. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.


人気記事をまとめてチェック

「ビジネスリーダー」の週刊メールマガジン無料配信中
「ビジネスリーダー」のツイッターアカウントを開設しました。
GlobalEnglish日経版

GlobalEnglish 日経版

世界を目指す、全てのビジネスパーソンに。 ビジネス英語をレベルごとに学べるオンライン学習プログラム。日経新聞と英FT紙の最新の記事を教材に活用、時事英語もバランス良く学べます。

詳しくはこちらから

Financial TimesをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

【PR】

Financial Times 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

英国の欧州連合(EU)離脱をめぐって、経済界では先行きの不透明性に懸念が高まっている(2016年11月の英産業連盟(CBI)年次総会で言葉を交わすドレクスラー会長(右)とフェアバーン事務局長)=ロイター

ロイター

[FT]英EU離脱、政治主導に懸念募らせる経済界

 英国に投資している外国人投資家は、英国が強硬な欧州連合(EU)離脱に進む見通しにいよいよ目を覚ましている。これまでのところ、外国人投資家は英政府とEU双方の動きに懸念を募らせている。
 「これは史上有…続き (3/30)

欧州連合(EU)からの離脱通知について英議会に報告するメイ首相(3月29日)=AP

AP

[FT]メイ首相、穏やかに決然とEU離脱を通知(社説)

 英国が欧州連合(EU)基本条約(リスボン条約)50条に基づきEU離脱を通知した。歴史的転機となる重要な象徴だ。だが、これは単に象徴的であるにとどまらない。40年以上にわたる欧州の政治的統合に背を向け…続き (3/30)

イラスト James Ferguson/Financial Times

[FT]EU離脱 英の譲歩が不可欠

 英国政府は3月29日に欧州連合(EU)に離脱する意思を通知した。この離脱通知は悲劇の山場だ。離脱は英国にとって悲劇となるが、欧州にとっても悲劇となる。EUの礎を築いたローマ条約の調印から60周年を祝…続き (3/30)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<3/27の予定>
  • 【国内】
  • 2月の企業向けサービス価格指数(日銀、8:50)
  • 日銀金融政策決定会合の主な意見(3月15~16日分、8:50)
  • 2月の外食売上高(日本フードサービス協会、14:00)
  • マザーズ上場=ティーケーピー
  • 【海外】
  • 1~2月の中国工業企業利益(10:30)
  • 3月の独Ifo企業景況感指数(17:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<3/28の予定>
  • 【国内】
  • 閣議
  • 小林同友会代表幹事の記者会見(13:30)
  • 2月期決算=ニトリHD
  • 東証ジャスダック上場=No.1、ズーム
  • 【海外】
  • 1月のS&Pコアロジック・ケース・シラー米住宅価格指数(22:00)
  • 3月の米消費者信頼感指数(23:00)
  • イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長が講演
  • パウエルFRB理事が講演
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<3/29の予定>
  • 【国内】
  • 2月の商業動態統計速報(経済産業省、8:50)
  • 2月の自動車各社の生産・販売実績
  • 東証1部上場=オークネット
  • 東芝、半導体メモリー事業への出資の1次入札締め切り
  • 【海外】
  • イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長が講演(1:30)
  • パウエルFRB理事が講演(5:30)
  • タイ中央銀行の金融政策委員会
  • 英国が欧州連合(EU)に離脱を通知
  • 2月の米仮契約住宅販売指数(23:00)
  • 米エネルギー省の石油在庫統計(週間、23:30)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<3/30の予定>
  • 【国内】
  • 対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
  • 東芝の臨時株主総会(幕張メッセ、10:00)
  • 2年物国債の入札発行(財務省、10:30)
  • 2月の建設機械出荷額(日本建設機械工業会、12:00)
  • 日ロ戦略対話(都内)
  • 四国電力伊方原子力発電所3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを求めた仮処分申請についての決定(広島地裁)
  • 株主総会=キリンHD、LINE、電通、楽天、昭和シェル、キヤノン
  • 東証1部上場=スシローグローバルホールディングス
  • 東証マザーズ上場=ユーザーローカル
  • 【海外】
  • 南アフリカ中銀が政策金利を発表
  • 3月の独消費者物価指数(CPI)速報値
  • 米新規失業保険申請件数(週間)
  • 10~12月期の米実質国内総生産(GDP)確定値(21:30)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<3/31の予定>
  • 閣議
  • 2月の全国・3月の都区部CPI(総務省、8:30)
  • 2月の家計調査(総務省、8:30)
  • 2月の完全失業率(総務省、8:30)
  • 2月の有効求人倍率(厚生労働省、8:30)
  • 2月の鉱工業生産指数速報(経済産業省、8:50)
  • 2月の自動車生産・輸出実績(自工会、13:00)
  • 2月の住宅着工戸数(国土交通省、14:00)
  • 清田日本取引所CEOの記者会見(15:30)
  • 3月の為替介入実績(財務省、19:00)
  • ジャスダック上場=ネットマーケティング
  • 3月の中国製造業PMI(10:00)
  • 3月の中国非製造業PMI(10:00)
  • 3月の独失業率(16:55)
  • 3月のユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値(18:00)
  • 3月の米消費者態度指数(確報値、ミシガン大学調べ)
  • 2月の米個人所得(21:30)
  • 2月の米個人消費支出(PCE)(21:30)
  • 3月のシカゴ購買部協会米景気指数(PMI)(22:45)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]