中国国防予算10.7%増、初の7000億元超え 13年

2013/3/5付
共有
保存
印刷
その他

画像の拡大

 【北京=島田学】中国政府が5日発表した2013年の国防予算は前年実績比10.7%増の7406億元(約11兆1千億円)だった。2けた増は3年連続で初めて7千億元の大台に乗り、03年の1907億元から10年で約3.9倍に膨らんだ。国防費の公表額は引き続き米国に次ぐ世界2位。日本やフィリピンなど周辺国との摩擦をにらみ、増額分の多くが海空両軍などの最新鋭装備に充てられるもようだ。

 ただ内訳は依然、不透明。今年に入り相次ぎ発覚した米企業へのサイバー攻撃に中国軍の組織的関与が疑われており、こうした分野に投入する技術者など人材育成費も増加傾向にあるようだ。

 宇宙関連の開発費も国防費に含まれない。中国国防省は「隠れた軍事費の問題は存在しない」とするが、実際の軍事費関連費は公表額の2~3倍というのが通説だ。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:05
6:00
関西 6:05
6:02
中国 5:55
5:50
四国 6:05
6:03
九州
沖縄
6:02
6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報