Financial Times

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

[FT]「原発は高くつく」 GEトップの発言は本当か

(1/3ページ)
2012/8/6 7:00
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

(2012年8月3日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

 環境保護団体が原子力発電は高すぎると訴えることはあるが、発言の主がゼネラル・エレクトリック(GE)のような原子力産業の先駆的企業のトップとなると、話はまるで違ってくる。

■原発業界の「不都合な真実」

GEのイメルトCEOは、原子力発電を経済的に擁護するのは非常に難しいと語った(7月10日、ニューヨーク州の同社の電池工場を訪れた同氏)=AP
画像の拡大

GEのイメルトCEOは、原子力発電を経済的に擁護するのは非常に難しいと語った(7月10日、ニューヨーク州の同社の電池工場を訪れた同氏)=AP

 GEは1950年代に世界でも最初期の商用原子炉を建設し、2007年に日本の日立製作所と原子力発電の合弁会社を設立して以来、業界トップの一角を占めてきた。

 GEのジェフリー・イメルト最高経営責任者(CEO)が、原子力発電を経済的に擁護するのは「非常に難しく」、大半の国はガスと再生可能エネルギーの組み合わせに移行していると、7月末にフィナンシャル・タイムズに対して語ったのは、業界の「不都合な真実」を口にしただけだと見る投資家もいる。

 昨年の各種経済予測では、原子力発電所が生み出す電力はこの先何年も天然ガスや風力発電所、太陽光パネルの電力よりも安いか同程度とされていた。

 一部の専門家はそうした予想を疑問視してきた。太陽光パネルの市場価格が急落し、風力タービンの価格も下がったうえ、膨大な量のシェールガスの発見で米国における安いガス価格がほかにも広まるとの期待が生じたからだ。

 欧州で20年ぶりの原子炉新設となるフィンランドのオルキルオト3号機とフランスのフラマンビルの建設は大幅に遅れ、原子炉建設コストの試算を膨らませた。日本の福島での原発事故が一段とコストを増やし、ドイツなど一部の国は原子力発電の廃止を決めた。

 「基本的にイメルト(氏)は正しい。最終的には、ガスと風力、太陽光の組み合わせになるだろう」。ロンドンに本拠を構え、クリーンエネルギー関連プロジェクトに投資するプライベートエクイティ(非上場株)投資会社ズーク・キャピタルのサマー・ソルティCEOはこう話す。

■米国外では成り立たない?

 原子力業界の幹部は、イメルト氏の発言は米国という1国の事情を反映したものに過ぎないと言う。世界原子力協会(WNA)のスティーブ・キッド副理事長はこう語る。「ガス価格が安いと新しい原発が経済的に競争するのは難しくなる。だが、今のような価格水準がいつまでも続くのか、世界各地で妥当かどうかを、我々は疑問視している」

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

電子版トップビジネスリーダートップ

【PR】

【PR】

Financial Times 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

総選挙で勝利したラホイ氏。新興政党のポデモス(急進左派)が伸び悩み、「欧州離れ」は回避された(27日、マドリード)=ロイター

ロイター

[FT]スペイン、主流派勝利 与野党協調の好機(社説)

 少なくとも欧州の1つの国の首都で、主流派の政治家がポピュリストを押し戻した。この6カ月で2度目となったスペイン総選挙は多数派政権こそ生み出さなかったものの、国民党を率いるラホイ氏が明白な勝者となった…続き (6/28)

英国と中国は経済面の結びつきを強めていた。2015年9月に訪中したオズボーン英財務相は「両国関係は黄金時代に突入した」と述べた=ロイター

ロイター

[FT]英保守党委員会が中国の人権問題を痛烈に批判

 英与党保守党の議員がまとめた中国の人権侵害の歴史を痛烈に批判する報告書は、同党幹部が「黄金時代」だと歓迎した英中関係に焦点を当てた。
 先週の国民投票で欧州連合(EU)離脱派が勝利したことで保守党内に…続き (6/28)

イタリアのレンツィ首相。英のEU離脱について「ページはめくられた」と形容した=AP

AP

[FT]次の「EU離脱」ドミノ、倒れるのはイタリアだ

 欧州連合(EU)離脱を決めた英国の国民投票は、英国とEU、そして恐らくスコットランドとイングランドの関係を絶つだけではない。ユーロ圏を破壊する可能性も秘めている。これは目下、人々の頭を占めていないが…続き (6/28)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

リーダーのネタ帳

[PR]