池上彰の大岡山通信 若者たちへ

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

STAP細胞は「悪魔の証明」

(1/2ページ)
2014/7/21 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 ブラックスワン(黒い白鳥)が存在しないことを証明する。こんな命題を「悪魔の証明」と、科学界では表現します。

 ブラックスワンが存在することは、世界のどこかで発見すれば証明できます。しかし、存在しないことを証明するためには、世界中を隈(くま)なく探さなくてはなりません。

 その結果、見つからなかったといっても、それは「探し方が悪かっただけだろう」と言われてしまう恐れがあります。いくら努力をしても報われ…

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版スタート割実施中 今なら電子版が6月末まで無料! お申し込みは5/31まで

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

小保方博士と理研の迷宮

【PR】

【PR】

池上彰の大岡山通信 若者たちへ 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

いけがみ・あきら ジャーナリスト。東京工業大学リベラルアーツセンター教授。1950年(昭25年)生まれ。73年にNHKに記者として入局。94年から11年間「週刊こどもニュース」担当。2005年に独立。主な著書に「池上彰のやさしい教養講座」「池上彰のやさしい経済学」(日本経済新聞出版社)。新著「いま、君たちに一番伝えたいこと」(同)。長野県出身。64歳。

アメリカにみる大学の将来
(池上彰)
[有料会員限定]

 アメリカの大学といえば、リベラルアーツ教育に力を入れていることで知られています。学部の4年間は、人間としての基礎的な教養を身につけることに重点を置き、専門的な学問は大学院で学ぶというのが一般的なカリ…続き (5/25)

書店は、客の動線を考えて本を並べている(リブロ池袋本店、同社提供)

本棚は志を映す~リブロ池袋本店の閉店に思う [有料会員限定]

 東京周辺の本好きの間に衝撃が走っています。東京・池袋の西武百貨店の中に店を構えている書店「リブロ池袋本店」が閉店するからです。
■書店には独自の哲学が、本の並べ方には意味がある
 この書店、他の大型書店…続き (5/18)

地方紙にも思わぬ発見がある。アナログ(紙)とデジタル(ネット)の良さを組み合わせて情報を取捨選択する力を身につけて

私のメディア活用術~情報を取捨選択するために [有料会員限定]

 情報技術(IT)の進歩で、いつでもどこでも情報を集められる時代になりました。私が記者になった頃を考えるとずい分、便利になりました。でも、学生や社会人の皆さん、膨大な情報量に溺れそうになってはいません…続き (5/11)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

5/27 22:00更新 ビジネスリーダー 記事ランキング

リーダーのネタ帳

[PR]