日本経済新聞

3月4日(水曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

池上彰の大岡山通信 若者たちへ

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

STAP細胞は「悪魔の証明」

(1/2ページ)
2014/7/21 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 ブラックスワン(黒い白鳥)が存在しないことを証明する。こんな命題を「悪魔の証明」と、科学界では表現します。

 ブラックスワンが存在することは、世界のどこかで発見すれば証明できます。しかし、存在しないことを証明するためには、世界中を隈(くま)なく探さなくてはなりません。

 その結果、見つからなかったといっても、それは「探し方が悪かっただけだろう」と言われてしまう恐れがあります。いくら努力をしても報われ…

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

小保方博士と理研の迷宮

【PR】

【PR】

池上彰の大岡山通信 若者たちへ 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

東大で講義するパリ経済学校のトマ・ピケティ教授

ピケティ・ブームを考える [有料会員限定]

 いまさらの感がありますが、フランスの経済学者トマ・ピケティ氏のブームが続いています。「資本主義経済の下では、放っておくと格差が拡大してしまう」という主張は、国会の論戦でも取り上げられ、改めて日本の格…続き (3/2)

シリア北部ラッカでパレードする過激派「イスラム国」のメンバー=AP

AP

テロとどう向き合うか? [有料会員限定]

 イスラム過激派組織「イスラム国」を名乗るグループが日本人の人質2人を殺害した事件は、日本に大きな衝撃をもたらしました。もはや日本人もテロと無縁ではなく、「テロとどう向き合えばよいのか」という時代にな…続き (2/23)

1月14日、パリ市内のキオスクで週刊紙シャルリエブドの最新号を買おうと長い列をつくる人々(ロイター=共同)

共同

風刺はどこまで許されるか [有料会員限定]

 イスラム過激派組織「イスラム国」が連日ニュースになっていますが、フランスの新聞社「シャルリエブド」が襲撃された事件も忘れるわけにはいきません。この事件では、襲撃を受けた新聞社が再び、預言者ムハンマド…続き (2/16)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

リーダーのネタ帳

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について