新型インフル、鼻からワクチン 流行防ぐ研究着々
国立感染研や北大など

2012/12/3 22:41
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 過去に流行したことのない新しいインフルエンザの発生に備え、感染拡大を抑える研究成果が相次いでいる。国立感染症研究所は鼻から吹き付けるタイプの新しいワクチンの効果を臨床研究で確かめた。経鼻型ワクチンを素早く製造するため、医薬基盤研究所と北海道大学は保管するウイルスを利用しやすくする技術を開発した。大流行に対処できる技術と体制の確立を目指す。

関連記事

■鼻粘膜の免疫を活性化

 国立感染研の長谷川秀樹部長らが開発…

関連キーワード

ワクチン、インフルエンザ、新型インフル、経鼻ワクチン、医薬基盤研究所

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)


【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
7/06 大引
20,112.12 -427.67 -2.08%
NYダウ(ドル)
7/02 17:20
17,730.11 -27.80 -0.16%
ドル(円)
7/06 17:52
122.53-54 -0.62円高 -0.50%
ユーロ(円)
7/06 17:52
135.52-54 -1.19円高 -0.87%
長期金利(%)
7/06 15:35
0.465 -0.015
NY原油(ドル)
7/02 終値
56.93 -0.03 -0.05%

日本経済新聞の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報