次世代加速器誘致の是非、2~3年かけ検討を 日本学術会議

2013/9/30付
保存
印刷
その他

 日本学術会議は30日、宇宙誕生の謎に迫る次世代加速器「国際リニアコライダー(ILC)」の日本誘致について「是非を判断するために、2~3年かけて集中的な調査検討が必要だ」とする提言を文部科学省に提出した。

 学術会議の家泰弘副会長によると、提出後、文科省側は調査検討後にあらためて学術界の意見を聞きたいとの考えを示したという。

 提言は、巨額な建設費などに懸念を示し「日本での実施を認めることは時期尚早と言わざるを得ない」とした。さらに国際的な経費分担の見極めなども課題に挙げた。

 ILC計画は関係する研究者らが推進し、候補地を岩手・宮城両県の北上山地に選定。文科省は誘致の是非の判断材料とするため、学術会議に審議を要請していた。〔共同〕

保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワード

ILC日本学術会議

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報