日本経済新聞

9月2日(火曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

汚染水の新型浄化装置、再び運転停止 福島第1原発

2013/9/28 12:26
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント

 東京電力は28日午前、福島第1原子力発電所の汚染水から放射性物質を取り除く新型浄化装置「ALPS」で不具合が発生し、運転を停止したと発表した。ALPSは汚染水問題の切り札とされているが、腐食の発生などトラブルが相次ぎ、本格稼働が遅れている。今回も27日午前0時すぎに試験運転を始めたばかりだった。

福島第1原発の汚染水から放射性物質を取り除く新型浄化装置に不具合。東電は運転を停止した(28日)=テレビ東京

福島第1原発の汚染水から放射性物質を取り除く新型浄化装置に不具合。東電は運転を停止した(28日)=テレビ東京

 汚染水から取り除いた放射性物質をタンクから排出する部分で問題が生じた。放射性物質を含む泥状の沈殿物を流し出す仕組みだが、出口での沈殿物の排出流量が減少していた。沈殿物の詰まりなどが考えられるが、原因は不明という。不具合の理由がわかるまでALPSの運転を停止する。

 福島第1原発のタンクにたまっている汚染水には63種類の放射性物質が含まれているが、ALPSはこのうち62種を取り除ける。当初は昨年秋に稼働する予定だった。

 汚染水問題の解決には浄化が不可欠で、政府はALPSの9月中の稼働を求めていた。

 ALPSは現在、3基あり、最も新しく試験運転をしていなかった1基を27日に動かし始めた。

 汚染水は毎日400トンずつ増え、いまはタンクなどに約35万トンたまっている。ALPSの本格稼働が遅れれば、汚染水処理計画が狂い、問題は深刻化する。

小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
関連キーワード

東京電力、ALPS、福島第1原子力発電所


【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円) 15,476.60 +52.01 1日 大引
NYダウ(ドル) 17,098.45 +18.88 29日 16:30
ドル/円 104.29 - .32 +0.15円安 2日 3:13
ユーロ/円 136.92 - .96 +0.17円安 2日 3:13
長期金利(%) 0.495 +0.005 1日 15:02

保存記事ランキング

9/2 更新

1位
東芝、究極の安全通信 [有料会員限定]
2位
(中)失敗から学んでいますか [有料会員限定]
3位
中国4大銀行、不良債権の影 [有料会員限定]
「日経電子版」と「日経ビジネスDigital」のセット読みがおトク
学園投資マンガ インベスターZ 日経電子版で掲載開始
日経ウーマノミクスプロジェクト 女性が輝く社会へ 無料会員急増中
GlobalEnglish 日経版

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について