国交省、木造3階建て校舎の火災実験 規制緩和の条件探る

2012/2/22 10:52
保存
印刷
その他

 国土交通省国土技術政策総合研究所は22日、木造3階建ての校舎を燃やして火や煙の広がり方などを調べる火災実験を茨城県つくば市で公開した。現在の建築基準法では防火規制から、3階建て校舎を木造にするのは非常に難しいという。一方で公共建築物に国産木材の利用を促したい事情もある。実験で耐火性能などを検証し、規制緩和が可能な条件を探る。

実物大の校舎を燃やし火や煙の広がり方を調べた(茨城県つくば市)

 国総研や建築研究所などが共同で取り組んだ。火災実験としては最大規模という。

 3億円をかけて造った実物大の校舎は幅50メートル、奥行き16メートル、延べ床面積2260平方メートル。午前9時、1階の職員室に点火した。30分ほどで建物全体が炎に包まれた。今回は基礎データを集める予備実験にあたり、来年度に新たな基準を想定した建物で実験する予定。

 校舎内には温度計を配置、書籍など可燃物の代わりをする板材も積み上げた。建物周囲には熱を測る機器を設置した。

保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報