ニュースな技術

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

巨大地震、北海道東方沖が要注意
日経サイエンス

2011/12/23 7:00
共有
保存
印刷
その他

 東日本大震災から9カ月半。被災地の復興は緒に就いたばかりだが、そうした状況下で、新たな巨大地震の発生が懸念されている。複数の調査研究結果を総合すると、北海道東部の根室から十勝にかけての沖合で、先の震災と同じような巨大地震が近い将来、起きる可能性がある。そうなれば北海道の太平洋岸はもちろん、東北地方の三陸沿岸にもかなりの規模の津波が再び襲来する恐れがある。

 産業技術総合研究所と北海道大学の平川一臣特任教授らのグループはそれぞれ北海道東部の海岸部や海岸近くの湿地の地層を調べ、過去約5500年間に少なくとも15回、大津波が同地域に襲来していることを明らかにした。前回の大津波は17世紀初めごろ。平川特任教授らは十勝地方沿岸の調査で、そのときの津波が高さ約20メートル丘陵まで到達した痕跡を発見している。

 産総研による最近の調査研究によると、この大津波の再来間隔は平均約400年。前回が17世紀初めごろだったので現在はほぼ満期になる。過去の再来間隔には、かなりのゆらぎが見られるので100年以上のズレもありうるが、状況はそれほど楽観できない。

 気になる兆候はすでに現れている。北海道の東部沿岸では、ここ100年ほど沈降が続いている。北海道の東端、根室にある検潮所の潮位が示す地盤沈降速度は年1センチ、100年で1メートル下がるペースだ。「通常では考えられない非常に速いスピード」と産総研活断層・地震研究センターの宍倉正展・海溝型地震履歴研究チーム長は言う。

 沈降が続いているということは海底下でひずみの蓄積が進んでいることを意味する。実際、国土地理院が全国に展開した全地球測位システム(GPS)観測網のデータ解析結果を見ると、北海道東方沖では、かなりのペースでひずみが蓄積しつつあることがわかる。

 東日本大震災が起きる前、産総研の研究グループなどは、東北地方の宮城県から福島県にかけての太平洋岸に500~1000年間隔で大津波が押し寄せており、その繰り返し間隔から考えて近い将来、大津波が再来する恐れがあると警鐘を鳴らしていた。一方、国土地理院のGPS観測網のデータ解析結果では、宮城県沖を中心とした広域でひずみが蓄積しつつあることが示されていた。しかし、多くの専門家はこれらの研究報告をそれほど重視せず、「想定外」の巨大地震となった。そうした前例を考えれば、北海道東方沖の現状について十分な注意を払い、防災対策を練る必要がありそうだ。

(詳細は日経サイエンス2012年2月号に掲載)


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

ニュースな技術をMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

関連キーワードで検索

巨大地震北海道東方沖震災

関連記事


【PR】

ニュースな技術 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

図2 開発した処理装置。空気流によってCFRPの破片をぶつけ合って、樹脂とCFの分離および微細化を行う。現在は年間200トンの処理能力がある

埋め立て廃棄物から有価物へ 炭素繊維プラ、リサイクル [有料会員限定]

 軽量化に向けた素材として、航空機や自動車などさまざまな分野での活用が広がっている炭素繊維強化プラスチック(CFRP)。その課題の1つが「リサイクル性の向上」だ。「約30%が廃棄されている」(ACA代…続き (6/6)

写真1 南洋理工大学の新校舎ザ・ハイブの外観。蜂の巣のような円筒形が寄り添う8階建ての建物だ。設計は英国のヘザウィック・スタジオが手掛けた(写真:日経アーキテクチュア)

外皮の工夫で酷暑しのぐ シンガポール「省エネ建築」 [有料会員限定]

 熱帯に位置するシンガポールは、「建物の消費エネルギー」が大きい。その量は国のエネルギー消費の4割を占め、国は規制強化などの取り組みに注力する。建築では、独自の空調システムや気候を生かした緑化が目立ち…続き (6/5)

図1 米国ワシントン州のシアトル市で進む州道99号の高速道路工事現場。形状記憶合金はオフランプ橋の2本の橋脚に使われた(写真:米国ワシントン州交通局)

汎用材・鉄への挑戦状、「形状記憶合金」橋脚に採用 [有料会員限定]

 地殻に豊富に存在する鉄は、鉄筋や鋼橋の部材のように様々な用途で使われており、土木構造物になくてはならない材料だ。一方、鉄の弱点を克服し、かつ鉄よりも優位な特性を生かした新素材が登場。構造部材として名…続き (5/16)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

08月19日(土)

  • iPad Pro 10.5インチはPCの代替となるか―仕事環境に必要な3つのこと
  • VR向けバックパック型ゲーミングPCも登場―日本HP、「OMEN by HP」を刷新
  • Appleの「ARメガネ」がなんと新型iPhoneイベントで同時発表?

日経産業新聞 ピックアップ2017年8月18日付

2017年8月18日付

・リオ・ティント、リチウム生産へ前進
・集中力測る眼鏡型端末、ジンズがeスポーツで需要開拓
・東芝ライフ、美的傘下に入り1年 2017年通期黒字化に自信
・物流倉庫利用しやすく、VBが新サービス 小規模・短期間でも仲介
・内装材、美をリアルに アイカ工業…続き

[PR]

関連媒体サイト