南鳥島沖レアアース、3年後にも採取実験 東大など

2012/7/20付
共有
保存
印刷
その他

 東京大学と三井海洋開発、三井物産は、南鳥島沖の海底に広がる泥が含むレアアース(希土類)の採取実験を始める。泥を吸い上げる技術開発を進め、早ければ3年後にも日本の排他的経済水域(EEZ)内で本格採取が可能になる。ハイテク製品に不可欠なレアアースは中国が世界需要の9割以上を生産しており、日本で調達できれば安定供給に役立つ。

 東大の加藤泰浩教授が20日午前の講演会で明らかにした。南鳥島沖の海底の泥には、エコカーや家電に欠かせないレアアースのジスプロシウムなどが、国内消費量の200年分以上含まれている可能性を研究チームは突き止めていた。

 まず海底の72カ所から泥を取り、採取場所を選定。船から海底に管を下ろし泥を引き上げる。圧縮した空気を泥に送り込んで吸い上げる「エアリフト」方式などが有望だ。泥からのレアアースの製錬は既存技術を活用できる。年間300万トンの泥から日本の年間消費量の約1割に当たる700億円以上のレアアースが生産できると試算している。

 経済産業省によると、海底下の資源を掘り出して使う場合には、企業などが国に対し鉱業権の取得を申請。掘削の技術力などを考慮し、国が審査をする。鉱業権を得た企業などは定められた鉱区内でレアアースなどの有用物質を試掘したり、採掘する権利が与えられる。採掘した有用物質は鉱業権を持つ企業が自由に利用できる。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

三井物産レアアースEEZ希土類三井海洋開発東京大学

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 24日 7:01
24日 7:00
東北 24日 7:01
24日 7:00
関東 24日 7:01
24日 7:01
東京 24日 7:00
24日 7:00
信越 24日 7:00
24日 7:00
東海 24日 15:35
24日 7:05
北陸 24日 6:05
24日 6:00
関西 24日 6:05
24日 6:02
中国 24日 5:55
24日 5:50
四国 24日 6:05
24日 6:03
九州
沖縄
1:27
24日 6:02

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報