2号機に電源接続へ 福島第1原発、3号機は放水続行

2011/3/19 12:04 (2011/3/19 15:29更新)
共有
保存
印刷
その他

 東日本大震災で被災した東京電力福島第1原子力発電所は19日、原子炉内を冷やすため、電力を外部から供給する電源工事を急いだ。2号機への接続作業を早急に完了させる予定で、3、4号機などへの接続も進める。防衛省・自衛隊や東京消防庁などによる放水作業は3日目に突入。同庁は地上から3号機の使用済み核燃料プールへの放水を午後に再開した。官民が連携して深刻な状況の打開を目指す。

 東電の電源工事は東北電力の電線を活用し、第1原発の敷地内にケーブルを引き込んだ。まず、格納容器の一部である圧力抑制室が破損したとみられる2号機に接続する。2号機の電源が戻れば、隣接する1号機も分電盤を介して電源を復旧できる。

 電源を確保したら、水をくみ上げるポンプなど冷却システムの動作を確認する。監視カメラが動けば、2号機の使用済み燃料プールの水位も確認できる見通し。ただ、経済産業省の原子力安全・保安院によると、津波の影響で多くの機器類が故障していると考えられ、冷却システムの稼働にはさらに時間がかかる。

 3、4号機への電源工事は20日までに完了させたい考え。水没した分電盤の代わりに仮設分電盤を積んだ車両を準備した。

 5、6号機では非常用電源が1台動いているが、使用済み燃料プールの温度がそれぞれ67度前後に上昇。電源工事を急ぎ、20日中の電源回復を目指す。

 これとは別に、6号機は19日未明、非常用電源がもう1台起動し、隣接する5号機のポンプにも電力を送れるようになった。5号機の使用済み核燃料プールの水を循環させられる。東電は「5、6号機はプールの水位が下がっても水を補給できるようになった。5号機は冷却も可能になった」と説明している。

 地上から3号機への放水作業も継続する。3号機は使用済み燃料プールの水が蒸発し放射性物質の大量放出の危険が増している。東京消防庁のハイパーレスキュー隊などの緊急消防援助隊が19日未明に約20分間の放水作業を実施。約60トンの水を放水した。同庁は19日午後に3号機への放水を再開した。放水の効果は不明だが原発施設内の放射線量は微減傾向にある。

 同庁は19日午前、102人を交代要員として現地に派遣。大阪市消防局も緊急消防隊を派遣する予定だ。

 一方、防衛省は自衛隊の消防車による4号機への放水作業を19日午後以降に実施する方向で検討を始めた。自衛隊が17、18両日に放水した3号機は東京消防庁などの放水態勢が整ったので任せ、放射性物質飛散の危険がある別の原子炉に放水対象を移す。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

東京電力福島東電電源

政府の事故対応に注文


【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 19日 7:01
19日 7:01
東北 19日 7:00
19日 7:00
関東 19日 7:01
19日 7:00
東京 19日 7:01
19日 7:00
信越 19日 7:00
19日 7:00
東海 21日 23:36
21日 23:34
北陸 19日 6:02
19日 6:00
関西 19日 6:00
19日 5:59
中国 19日 7:01
19日 7:01
四国 19日 7:01
19日 7:01
九州
沖縄
21日 22:15
21日 13:07更新

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報