福島第1原発、冷却電源復旧急ぐ 放水も継続

2011/3/18付
共有
保存
印刷
その他

 深刻な状態が続く東京電力福島第1原子力発電所で、使用済み核燃料プールへの放水作業が再開された。自衛隊が18日午後2時前、地上から3号機に放水した。東京電力は冷却機能を回復するための電源復旧を急ぐ。大量の放射性物質が飛散するという最悪の事態を避けるため、決死の作業が続く。

画像の拡大

 放水はヘリコプターによる上空からではなく、待機中の消防車両11台すべてを充てる予定。北沢俊美防衛相は18日の記者会見で「昨日(の放水)は一定の成果があった。きょうはさらに根本的な対応が必要だ」と強調した。

 東京消防庁も18日未明、消防車両計30台を擁するハイパーレスキュー隊など30部隊(計139人)を派遣した。菅直人首相が石原慎太郎都知事に協力を要請。これを受け、東京都足立区の第6消防方面本部から出発、午前7時すぎに現地に着いた。

 一方、原子炉を冷やす電源の復旧作業の進捗について、東電は18日午前、建屋での配線に着手したことを明らかにした。午後に発電所の外につながるケーブルまで接続するという。経済産業省原子力安全・保安院も「18日中に1、2号機に電源をつなぎたい。20日には3、4号機の電源も復旧したい」とコメントした。

 17日に実施した放水作業では自衛隊の消防車5台とヘリコプターを使い、計約60トンの水を放水した。プールにどのくらい入ったかはわからない。

 保安院は放水の効果を調べるため、原発周辺の放射線量を測定した。微減傾向にあるが、放水の成否は不明としている。 枝野幸男官房長官は18日の記者会見で、原発から半径20キロ圏内を圏外退避、20~30キロ圏内を屋内退避としていることに「現時点では適切」との考えを改めて示した。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 19日 7:01
19日 7:01
東北 19日 7:00
19日 7:00
関東 19日 7:01
19日 7:00
東京 19日 7:01
19日 7:00
信越 19日 7:00
19日 7:00
東海 21日 23:36
21日 23:34
北陸 19日 6:02
19日 6:00
関西 19日 6:00
19日 5:59
中国 19日 7:01
19日 7:01
四国 19日 7:01
19日 7:01
九州
沖縄
21日 22:15
21日 13:07更新

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報