ニュースな技術

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

未知の素粒子を探せ 世界最大の加速器支える日本の技術
浜松ホトニクスや古河電気工業など

(1/2ページ)
2010/4/19 14:00
共有
保存
印刷
その他

 3月末、世界最大の加速器「大型ハドロン衝突型加速器(LHC)」(スイス・ジュネーブ)が本格的に稼働し、未知の素粒子を探索する実験が始まった。日米欧27カ国が建設に14年かけたLHCで存在感を示すのが、計測技術や超電導線材といった日本企業の最先端技術。浜松ホトニクスや古河電気工業などは、LHCを運営する欧州合同原子核研究機関(CERN)から表彰を受けた。探索に成功すればノーベル賞級の成果ともいわれるだけに日本の技術への期待が膨らんでいる。

日本チームが参加する検出器「アトラス」(提供:アトラス研究チーム)
画像の拡大

日本チームが参加する検出器「アトラス」(提供:アトラス研究チーム)

 「日本企業が作った計測機器なら安心だ」――。各国から集まったCERNの研究者らの間では“メード・イン・ジャパン”の機器類は大きな信頼を得ているという。

 浜松ホトニクスは、LHCの建設に貢献したとして、これまでに4つの技術賞をCERNから贈られた。加速器の周囲に設置する4つの大型検出装置に使われる半導体検出器と、信号を増幅する光電子増倍管を開発、LHCに採用された。LHCで使われるほとんどの半導体検出器が同社製という。

 同社の検出器の技術はもともと医療機器向けに開発したもの。血液検査や陽電子放射断層撮影装置(PET)に不可欠な計測装置向けの技術が、医療同様に高度の性能と品質が必要な物理実験でも役立った。

 「浜松ホトニクスは素粒子実験に欠かせない存在」と、LHCの建設・実験にかかわる高エネルギー加速器研究機構の徳宿克夫教授は力を込める。素粒子実験は何年もかけて大量の計測データを蓄積して結果を出す。細かいデータの取得が結果を左右するだけに、高性能の検出技術がないと実験が成り立たない。

LHC建設に参加した主な日本企業
企業内容
加速器本体古河電工超電導線材(加速器の心臓部)
加速器本体IHI冷却装置(超電導状態をつくる)
加速器本体JFEスチール磁性を持たない鋼材
検出器浜松ホトニクス半導体検出器と光電子増倍管(検出器の心臓部)
検出器フジクラ光ファイバー

 LHCは地下100メートルに建設した直径27キロメートルに及ぶ円形加速器。宇宙の誕生初期に近い、超高エネルギー状態を作り出せるのが特徴だ。物質が重さを持つ基になる未知の素粒子「ヒッグス粒子」や、暗黒物質の正体ともいわれる「超対称性粒子」をとらえることを目指している。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

ニュースな技術 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

図1 米国ワシントン州のシアトル市で進む州道99号の高速道路工事現場。形状記憶合金はオフランプ橋の2本の橋脚に使われた(写真:米国ワシントン州交通局)

汎用材・鉄への挑戦状、「形状記憶合金」橋脚に採用 [有料会員限定]

 地殻に豊富に存在する鉄は、鉄筋や鋼橋の部材のように様々な用途で使われており、土木構造物になくてはならない材料だ。一方、鉄の弱点を克服し、かつ鉄よりも優位な特性を生かした新素材が登場。構造部材として名…続き (5/16)

NECと富士通が700g台、世界最軽量に挑むノートPC [有料会員限定]

 ノートパソコン(PC)の軽量化の動きが活発化している。富士通クライアントコンピューティング(川崎市、以下FCCL)は2017年1月、質量が777gでクラムシェルタイプの13.3型ノートPC「LIFE…続き (5/9)

那覇市で3月3~4日に開かれた第4回日経アジア感染症会議

耐性菌猛威、世界に警鐘 2050年にがん死者上回る [有料会員限定]

 結核やマラリア、エボラ出血熱などに加え、多くの抗生物質が効かなくなった耐性菌のまん延が国際社会の脅威となっている。日本の取り組みに期待が集まるなか、アジアの感染症対策を話し合う第4回日経アジア感染症…続き (4/25)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年5月29日付

2017年5月29日付

・米ウィーバー、夏にもプレステVRにコンテンツ配信
・マイクロソフト、使い勝手でアップル対抗 日本にノート・デスク型PC
・小型風車、開発相次ぐ 九大発VBは「後付け羽根」実用化
・天間特殊製紙、CNFで特殊紙2割強く
・ダスキン、家の小さな傷 短時間で補修…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト