不意を突いた東京の大雪、なぜ予報は外れたのか

(1/2ページ)
2013/1/14付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
その他

 成人の日の14日、首都圏一帯は「爆弾低気圧」と寒気によって大雪となり東京都心で8センチメートル、横浜では13センチメートルの積雪を記録した。大きなぼたん雪が1時間に1~3センチ程度の強さで降りしきり、瞬く間に積もったために交通に混乱をきたし、転倒した人も相次いだ。気象庁の予報はこの日未明まで、都心は雨。雪は内陸部中心とみていた。なぜはずれたのか。

■低気圧、予想より短時間に発達

 関東地方の降水が雨…

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

秋割実施中 お申し込みは10/10まで

電子版トップ

関連キーワード

コンピューター爆弾低気圧

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報