ノーベル化学賞に米の2氏 たんぱく質受容体の研究

2012/10/10 19:07 (2012/10/10 21:42更新)
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 【パリ=竹内康雄】スウェーデン王立科学アカデミーは10日、2012年のノーベル化学賞を米デューク大学のロバート・レフコウィッツ教授(69)と、米スタンフォード大学のブライアン・コビルカ教授(57)の2氏に授与すると発表した。両氏とも米国籍。授賞理由は、細胞同士の情報伝達にかかわり薬の開発にも利用されている「Gたんぱく質共役型受容体」に関する研究での成果。

 ヒトの細胞は互いに伝達物質やホルモンなどの分子を通じて情報をやり取りしており、その受け手が細胞の膜上にある「受容体」だ。

 両氏は、受容体の中でも重要な働きをする「Gたんぱく質共役型受容体」の仕組みの解明で大きな発見をし、医薬品の開発に貢献した。アレルギーを抑える抗ヒスタミン薬や血圧を下げる薬、胃腸薬、抗うつ薬、糖尿病治療薬など、この受容体を標的にしたものは多く、市販薬の約半数の標的がこの受容体だという。

 受容体を標的とする薬は、鍵と鍵穴の関係のように、立体的な構造のある特定のポイントに入り込み、細胞が信号を受け取るのを邪魔したり、信号を強化したりする。

 授賞式は12月10日にストックホルムで開く。賞金は800万クローナ(約9500万円)で、両受賞者は等分して受け取る。

小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
8/31 大引
18,890.48 -245.84 -1.28%
NYダウ(ドル)
8/31 15:30
16,517.84 -125.17 -0.75%
ドル(円)
9/01 4:25
121.13-16 -0.05円高 -0.04%
ユーロ(円)
9/01 4:25
136.09-14 +0.17円安 +0.13%
長期金利(%)
8/31 15:28
0.380 ±0.000
NY原油(ドル)
8/28 終値
45.22 +2.66 +6.25%

日本経済新聞の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報