ホンダ、四輪で初の営業赤字 12年3月期700億円
震災後の減産響く

2011/7/9付
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 ホンダは主力の自動車事業で、2012年3月期に700億円程度の営業赤字を計上する見通しだ。東日本大震災後の減産が響いて販売が振るわず、円高や研究開発費の増額も業績を圧迫。2645億円の黒字だった11年3月期から落ち込む。金融サービスや二輪車事業の収益を支えに、全体では従来見込みどおり約2000億円の営業黒字を確保するとみられる。

 ホンダの自動車事業が赤字となるのは、1992年3月期に事業別営業損…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:01
7:01
東海 7:05
7:01
北陸 6:32
6:30
関西 6:01
6:00
中国 6:02
6:00
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
6:00
20日 21:59

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報