滑走路、国費ゼロで増設 国交省まず福岡空港検討
運営権売却収入を充当

2013/7/19付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
その他

 国土交通省は福岡空港の滑走路増設に民間資金を活用する検討に入った。国が空港を所有したまま、民間企業に滑走路や空港ビルを運営する権利を売却することで、国費負担をなくす。運営権の売却でインフラの建設費を賄う初の事例になる。国の財源が限られるなか、有料道路や下水道などへの民間資金の活用も注目される。

 新滑走路は全長2500メートル。既存の滑走路に並べる形で設置する。増設後の発着可能回数は現在の年14.…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版は月初がお得。今なら12月末まで無料

電子版トップ

関連キーワード

福岡空港運営権売却

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報