地震保険料15%値上げ 14年7月メド、リスク見直しで

2013/2/18 2:01
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 政府と損害保険各社は2014年7月をめどに、家庭向け地震保険の新規契約の保険料を15%程度引き上げる。東日本大震災を踏まえ巨大地震発生のリスクが高まったと判断したためだ。損保各社は南海トラフ地震の被害推計を検証し、15年以降の追加値上げも検討する。値上げの影響を抑えるため耐震性の高い建物の割引率は高めるが、負担増で加入者離れが起こる可能性もある。

 損保各社でつくる損害保険料率算出機構が今春、地震…

関連キーワード

地震保険、保険料、地震保険料、値上げ、損保各社

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
7/02 大引
20,522.50 +193.18 +0.95%
NYダウ(ドル)
7/02 16:20
17,730.11 -27.80 -0.16%
ドル(円)
7/03 6:07
123.03-08 -0.45円高 -0.36%
ユーロ(円)
7/03 6:07
136.36-42 -0.19円高 -0.14%
長期金利(%)
7/02 16:58
0.520 +0.050
NY原油(ドル)
7/02 終値
56.93 -0.03 -0.05%

日本経済新聞の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報