円売り、次の主役は G20では円安批判回避
個人・生保の動向がカギ

(1/2ページ)
2013/2/18付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
その他

 外国為替市場で円安のスピードが緩んでいる。20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で日本が円安誘導しているとの批判は回避されたが、円安が加速すれば批判が再燃するとの思惑も浮上。円売りを仕掛けていた海外投機筋は利益確定に動き出した。円売りは続くのか。円を買い戻していた国内の投資家が海外投資に転じるかどうかがカギを握る。(牛込俊介)

 日本の投資家による外国の株式や債券の売買動向を示す財務省の…

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

秋割実施中 お申し込みは10/10まで

電子版トップ

関連キーワード

生保円売りストラテジスト野村証券

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報