減税日本が政党化届け出 民主2議員が合流

2012/10/31付
保存
印刷
その他

 河村たかし名古屋市長が代表を務める地域政党「減税日本」は31日、東京都選挙管理委員会を通じ、総務相に政党届を提出した。民主党に離党届を提出した熊田篤嗣、水野智彦両衆院議員が合流し、政治資金規正法に基づく政党要件の所属国会議員5人を確保できたとしている。次期衆院選に向け「第三極」の一角として日本維新の会などとの連携を目指す。

 政党名は現在のままで、代表も河村市長が就く。党本部は東京に置く。所属国会議員は熊田、水野両氏のほか、佐藤夕子衆院議員と8月に民主党を離党した小泉俊明、小林興起両衆院議員の3氏を合わせた5人となる。同日午後に河村市長が都内で記者会見を開く。

 熊田氏らが民主党に提出した離党届について執行部は当面受理せず説得にあたる方針。だが減税日本が総務相に提出する政党届は、所属国会議員が所属を証明する宣誓書があれば認められる。一方、政党交付金を受け取るためには、来年1月に国会議員自身が所属政党を明らかにする宣誓書と、党による所属国会議員の届け出が必要。民主党に提出された離党届の扱いが決まらないままなら混乱を生じる可能性もある。

保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワード

河村たかし熊田篤嗣水野智彦佐藤夕子小林興起小泉俊明減税日本

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報