九州に高精度レーダー 無人偵察機は導入前倒し
日米両政府

2012/12/31 23:51
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 日米両政府は弾道ミサイルを高い精度で探知する米軍の移動式早期警戒レーダー「Xバンドレーダー」(AN/TPY2)を追加配備する調整に入った。すでに配備している青森県に加え、九州の航空自衛隊基地を軸に検討する。北朝鮮が昨年12月に日本から監視しにくい朝鮮半島の北西部から事実上の長距離弾道ミサイルを発射したのを受け、2基体制に強化する。米側は日本側に早ければ2013年春の配備を求めている。

 同レーダー…

関連キーワード

Xバンドレーダー、ミサイル、弾道ミサイル、レーダー

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
9/02 大引
18,095.40 -70.29 -0.39%
NYダウ(ドル)
9/02 16:36
16,351.38 +293.03 +1.82%
ドル(円)
9/03 6:22
120.30-34 +0.25円安 +0.21%
ユーロ(円)
9/03 6:22
135.04-08 -0.11円高 -0.08%
長期金利(%)
9/02 16:32
0.395 +0.010
NY原油(ドル)
9/02 終値
46.25 +0.84 +1.85%

日本経済新聞の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報