玄海原発再稼働の賛否 佐賀県知事、経産相と会談調整
他自治体の判断に影響も

2011/6/27付
保存
印刷
その他

 運転停止中の原子力発電所の再稼働問題が混迷を深めている。九州電力玄海原子力発電所(佐賀県玄海町)2、3号機の運転再開問題で、週内とみられていた古川康・佐賀県知事の判断は来週にずれ込む見通しとなった。同知事は今週中にも海江田万里経済産業相を招き、会談する方向で調整しているが、国の安全基準に疑問符がついているだけに、結論が出るかどうかは不透明だ。

画像の拡大

 佐賀県関係者によると、経産相の来県は同県からの要請で今週後半を軸に調整中。知事側は玄海原発の安全性に対する国の責任などを確認したい考え。実現すれば、経産相が原発の再稼働を要請するため、立地自治体を訪れる初の事例となる。

 一方、古川知事は27日、県民を対象にした数百人規模の説明会を県主催で来週開催する方針を表明した。26日に経産省が佐賀市内で開いた県民向け説明会が不評だったためだ。同会の時間は1時間半にとどまり、参加する県民も7人に絞っていた。県の説明会は玄海原発の緊急安全対策などを中心に、県民と経産省の担当者らによる討論会形式とする。

 玄海原発の再稼働について、古川知事はこれまで「判断する時期ではない」と賛否を明らかにしていない。経産相に地元で安全への国の責任を明言してもらい、県民には丁寧に説明することで、再稼働容認への道筋を付けたいとの見方が出ている。

 佐賀県は菅直人首相に来県を求め、政府の考えを示すよう要請することも検討している。

 福井県など原発が立地する他の県知事はおおむね原発の早期再稼働について反対姿勢を強めている。明確な賛否を表明していない佐賀県の古川知事の判断は、今後の原発再稼働問題を左右する公算が大きい。

保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる、業界がみえる。非上場企業を含む4200社、67業界のニュースとデータを網羅

関連キーワードで検索

古川康海江田万里九州電力原子力発電所菅直人

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 24日 7:01
24日 7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:00
6:00
関西 6:00
6:00
中国 6:02
6:01
四国 6:02
6:01
九州
沖縄
2:00
1:50

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報