日米首脳会談 大統領、米国産牛肉の輸入制限撤廃を要求

2011/9/22付
保存
印刷
その他

 【ニューヨーク=中山真】オバマ米大統領は21日午後(日本時間22日未明)の日米首脳会談で、日本による米国産牛肉の輸入制限について「これまでに長い時間が経過しており、進展させてほしい」と撤廃を要求した。野田佳彦首相は「日米双方が受け入れ可能な解決に向けて継続していく」と述べるにとどめた。

 大統領は国際結婚が破綻した場合の子供の扱いを定めたハーグ条約に関しても日本の早期加盟を要請した。条約の対象とならない既存の事例への対応も求めた。首相は「可能な限り早く条約を締結するために準備を進めている」と答えた。

 日本はBSE(牛海綿状脳症)問題に関連し、米国産牛肉の輸入を月齢20カ月以下の牛に限定。ハーグ条約については加盟するための国内法整備を急いでいる。

保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

オバマ野田佳彦日米首脳会談

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:00
東海 7:01
7:00
北陸 6:25
6:22
関西 6:00
6:00
中国 6:00
6:00
四国 6:00
6:00
九州
沖縄
2:02
2:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報