風力促進へ送電網整備、官民で3000億円基金
北海道・東北重点

2012/8/22付
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 政府は風力で起こした電気を消費地に送るための送電線を電力会社、風力発電事業者と共同で整備する。官民で3000億円規模の基金を設立し、まず北海道や東北で重点的に建設する方針だ。政府は風力を再生可能エネルギーの柱と位置づけているが、発電に適した場所は都市部や工業地域から遠い。初期投資のかかる送電線を用意することで、新規事業者の参入を促す。

 風力発電には風が年間を通して強く吹く場所が適している。日本で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《春割》実施中!日経電子版が5月末まで無料!お申し込みはこちら

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 30日 7:00
30日 7:00
東北 30日 7:01
30日 7:00
関東 30日 7:01
30日 7:01
東京 30日 21:21
30日 7:00
信越 30日 7:01
30日 7:00
東海 4:00
4:00
北陸 30日 6:32
30日 6:25
関西 1:30
30日 6:00
中国 30日 15:02
30日 6:03
四国 30日 6:02
30日 6:01
九州
沖縄
2:00
1:32

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報