与那国島に陸自配備 14年度にも、中国海軍など監視

2010/11/21付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
その他

 防衛省は、中国海軍の活動活発化などを受け、2014年度にも与那国島(沖縄県)に陸上自衛隊を配備する方針を固めた。沿岸監視隊として約100人を常駐させる。与那国島への配備を優先するが、その後は宮古島か石垣島、または両方に国境警備隊の配置を検討する。防衛の空白地域に陸自を配備し、南西諸島防衛の強化につなげる狙いだ。

 与那国島への配備を想定している沿岸監視隊の主要任務は情報収集。レーダーや通信傍受機器…

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

秋割実施中 お申し込みは10/10まで

電子版トップ

関連キーワード

陸上自衛隊防衛省与那国島陸自中国海軍配備レーダーサイト

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報